top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

土屋太鳳、『帰ってきた あぶない刑事』ヒロインに 舘ひろし&柴田恭兵を捉えた特報映像も

Real Sound

『帰ってきた あぶない刑事』(c)2024「帰ってきた あぶない刑事」製作委員会

 2024年5月24日に公開される映画『帰ってきた あぶない刑事』のヒロイン役を土屋太鳳が務めることが発表され、あわせて特報映像が公開された。

参考:土屋太鳳、いつから“脱・清純”へ? イメージ塗り替えた作品の変遷を辿る

 1986年にテレビドラマの放送が開始され、舘ひろし演じる「タカ」こと鷹山敏樹と、柴田恭兵扮する「ユージ」こと大下勇次という刑事コンビの活躍を描いてきた『あぶデカ』シリーズ。本作では、『さらば あぶない刑事』(2016年)で刑事を辞めてニュージーランドで探偵事務所を開設したタカ&ユージが、探偵として横浜に帰ってくる。

 舘と柴田が主演を務めるほか、浅野温子、仲村トオルらお馴染みのメンバーが集結。土屋は、タカ&ユージの娘(?)というストーリーのカギとなる重要な人物を演じる。

広告の後にも続きます

 公開された特報映像では、永峰彩夏(土屋太鳳)を自分の娘だと主張しあうタカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)の姿や、『あぶデカ』のトレードマークであるサングラスをかける彩夏の姿が。また、真山薫(浅野温子)や町田透(仲村トオル)といったお馴染みキャストとの掛け合い、カーチェイスや大爆発などのシーンも盛り込まれている。

 本作への出演を受け、土屋は「お話をいただいた時、一度だけ迷いました。伝説に参加する勇気がなかったからです。でも、台本に詰まった世界は既に濃厚で魅力的で、憧れのハーレ ーや歌唱シーンも興味深く、思い切って挑戦しようと決意しました」とコメントし、「これで終わりなんて有り得ない!!!」と本作出演への熱い想いを語った。

 また、TVシリーズレギュラーキャストの長谷部香苗、ベンガルの出演も発表された。

土屋太鳳(永峰彩夏役)コメント

お話をいただいた時、一度だけ迷いました。伝説に参加する勇気がなかったからです。でも、台本に詰まった世界は既に濃厚で魅力的で、憧れのハーレーや歌唱シーンも興味深く、思い切って挑戦しようと決意しました。そして、この決意は私を変えたと思います。舘ひろしさん、柴田恭兵さん、浅野温子さん、仲村トオルさんといったキャストの方々と原組は、様々な取り組み方を尊重なさっていて、そのどれもが本当にかっこいい…! 人は思い切り努力していい。でも努力が全てではない。だけど努力をしなければ、努力だけでは手に入らない「何か」が輝くことは出来ない。圧倒的なオーラを持つ方々の、地道で誠実な時間を垣間見るだけではなく御一緒出来た私は、本当に幸運です。そして今すごく痛感するのは、この現場の空気や取り組み方が、もっともっともっと伝えられるべきだということです。だから今から声を大にして言いたい…! これで終わりなんて有り得ない!!!

(文=リアルサウンド編集部)

 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル