top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「イヤホン」貸し借りはダメ? 使い過ぎでどんなリスク? 疑問を耳鼻科医に聞く

オトナンサー


イヤホンの貸し借りはダメ?

【閲覧注意】あなたの体にもできている? 「赤いほくろのようなもの」の正体とは

 知人から「イヤホンを貸してほしい」と頼まれ、対応に困った経験がある人はいませんか。SNS上では、「イヤホンを貸すのは嫌」「イヤホンの共用って安全なの?」「イヤホンを片方貸して、2人で音楽を聞いたことがある」という内容の声が上がっています。

 イヤホンの貸し借りをした場合、耳にどのような影響を及ぼす可能性があるのでしょうか。また、イヤホンやヘッドホンを長時間使うと、どのような病気のリスクが高まるのでしょうか。もたい耳鼻咽喉科(愛知県東海市)・院長で医師の甕久人(もたい・ひさと)さんに聞きました。

細菌やカビに感染する可能性

Q.イヤホンを他人と共用した場合、耳にどのような影響を及ぼす可能性があるのでしょうか。

広告の後にも続きます

甕さん「イヤホンで音楽を聞いているときに、『聞かせて?』『聞いてごらん』といった形でイヤホンの貸し借りをした経験がある人はいると思います。イヤホンの貸し借りを行っても平気な人もいれば、衛生面が気になる人もいるのではないでしょうか。そこで、イヤホンを他人と共有することについて、心理面、衛生面の2つの側面から考えてみましょう。

他人が触れた物に触ることができないという心身の病気である『強迫神経症』ほどではないにしても、清潔志向が高まっている現在、潔癖症の人は少なくないと考えておいた方が良いでしょう。そのため、自身の体に他人の物を装着する行為は、相手に嫌悪感を引き起こす可能性があります。

もちろん、人によってはそれらの行為が全く気にならない場合もありますが、互いの性格や気質を把握していないのであれば、イヤホンの貸し借りはしないのが無難です。

また、耳の穴の入り口には汗腺があるため、イヤーピース(イヤーパッド)を耳の穴に長時間装着した場合、イヤーピースが湿ります。細菌や真菌(カビ)は、湿度が一定以上に上がると増殖しやすくなるため、イヤホンのイヤーピース部分は清潔ではありません。

幸い、健康な皮膚の場合、角質層がバリアーとなるほか、細菌類もその人の常在菌であるため、健康な人が自分でイヤホンを使用している場合は、すぐに感染症になるわけではありません。

ただし、耳の穴に傷が生じる『外耳炎(外耳道炎)』になった場合、傷に細菌などが増殖します。その場合、外耳道におできが生じる『耳せつ』のほか、外耳道の粘膜に真菌が感染し、炎症を起こす『外耳道真菌症』につながることが考えられます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル