top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【料理の水加減】「ひたひた」「たっぷり」「かぶるくらい」はどう違うの? 料理研究家に聞いてみた

オトナンサー


3つの違い、あなたは分かる?

【画像】実は全然違う! 「ひたひた」「たっぷり」「かぶるくらい」の水加減を見比べてみた

 料理のレシピで目にする、さまざまな「水加減」を表す言葉。特に頻出する「ひたひたの水」「たっぷりの水」「かぶるくらいの水」の3つについて、「どう違うの?」「もしかして全部同じ…?」と疑問に思ったことはありませんか。これら3つの水加減はどう違うのか、料理研究家の長田絢さんに聞きました。

水分量が最も多いのは「たっぷり」

Q.料理の水加減を表す言葉の一つ「ひたひた(の水)」とは、どのくらいの水の量を表す言葉なのですか。

長田さん「『ひたひた』とは、鍋に入れた材料が水面から出るか出ないか、見え隠れするくらいの水の量を指します。食材を煮る際に、だし汁や煮汁に対して使われることが多いです。『ひたひた』の煮汁で落としぶたをして煮ることで、調味料が満遍なく行き渡るので、短時間で上手に煮ることができます。また、煮立ったときでも鍋の中で材料が踊らないため、煮崩れしにくいというメリットもあります。

広告の後にも続きます

『ひたひた』という表現は、最終的に煮汁をあまり残さないようにする『煮詰める』スタイルの煮物を作るときによく使われています。具体例としては、煮魚やカボチャの煮物などが挙げられます」

Q.次に、「たっぷり(の水)」とはどのくらいでしょうか。

長田さん「『たっぷり』とは、鍋に入れた材料全体が完全に水の中に浸り、さらに十分な水量がある状態です。火にかけて時間が超過しても、材料が水面から出ないぐらいが目安です。『たっぷり』の湯で煮ると、湯の中で食材が動くので満遍なく火が通り、仕上がりのやわらかさが均一になります。

『たっぷり』という表現は、食材をゆでた後にそのゆで汁を捨てる『ゆでこぼし』の際によく使われています。具体例としては、豚の角煮を作る際のバラ肉の下ゆで、牛すじの下ゆで、パスタやうどんをゆでる場合などがあります。麺類は、ゆでる際の水分量が足りないと麺同士がくっついてしまうことがあるため、『たっぷり』の湯が望ましいです。短時間で満遍なく火が通るので、おひたしなどを作る際に青菜をさっとゆでるのにも適しています」

Q.最後に、「かぶるくらい(の水)」とは。

長田さん「『かぶるくらい』とは、鍋に入れた材料が、材料の高さと同じくらいの水位で、表面が浸かっている状態のことを指します。『かぶるくらい』の煮汁で煮物を作ると、水分をよく含み、しっとりと味がよく染みた煮物に仕上がります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル