top_line

【クイズ】かこさとし、せなけいこ、五味太郎…さて、何の作家でしょう?

“毒娘”が幸せな家族の“毒”を暴く 内藤瑛亮監督×押見修造キャラクターデザインのホラー映画『毒娘』2024年春公開[ホラー通信]

ガジェット通信

『ミスミソウ』『許された子どもたち』の内藤瑛亮監督によるオリジナルホラー映画『毒娘』(どくむすめ)が、2024年春に公開されることが決定した。主演を『ヒメアノ~ル』『貞子vs伽椰子』の佐津川愛美が務め、キャラクターデザインを「悪の華」「血の轍」の漫画家・押見修造が手掛ける。

本作は、10代の女の子と新しく家族となった継母の関係を軸に、謎の少女“ちーちゃん”と家族の壮絶な争いを描くホーム・パラサイト・ホラー。主演の佐津川愛美は、“ちーちゃん”と対峙する母親、萩乃(はぎの)役を演じる。

本作の着想源となったのは、2011年にインターネットの匿名掲示板に投稿された、ある新婚家族の出来事だという。「扉を開けると、うつぶせの娘の上に馬乗りになった少女が笑っていました」と題されたネット記事を目にしたという内藤監督は、「ここから現代的な恐怖映画をつくれそうな予感がした」といい、2012年より脚本の執筆を開始。10年近くかけて本作の完成に至った。

“ちーちゃん”のキャラクターデザインは、内藤監督が以前からファンだったという押見修造に依頼。「怖くて格好よくて可愛いヴィラン」に仕上がったという“ちーちゃん”のイラストビジュアルが併せて公開されている。ところどころ切り裂かれたような赤い服を着た“ちーちゃん”は、大きなハサミを手に、力強くも、どこか物悲しくも見える瞳でまっすぐにこちらを見つめている。

また、押見によるオリジナルストーリーが展開するスピンオフ漫画「ちーちゃん」が、週刊ヤングマガジンにて2024年より連載されることが決定している。

広告の後にも続きます

『毒娘』
2024年 春 新宿バルト9ほか全国公開

<ストーリー>
その家で幸せになることは<ちーちゃん>が許さない。
夫と娘と3人で中古の一軒家に越してきた萩乃。家庭に恵まれなかった彼女にとって、夢に見た幸せな家庭。しかし、ある日外出中の萩乃に萌花の悲痛な声で助けを求める電話がかかってくる。慌てて帰宅した萩乃が目にしたのは、荒れ果てた我が家と洋服をずたずたに切り裂かれた萌花、そして萌花に馬乗りになって大きな鋏を握りしめた見知らぬ少女の姿だった。彼女の名前は<ちーちゃん>。かつてこの家に暮らしていたが、ある事件を起こして町を去ったはずだった。彼女の存在は、一見幸せに見えた萩乃たち家族が押し隠そうとしていた「毒」を暴き出し、悪夢のような日々の幕開けを告げる。

コメント

<主演:佐津川愛美>
内藤監督の作品は個人的には苦手な系統のはずなのに、どうしても気になっていつも観てしまう、そんな存在でした。 また、役者の存在の仕方がとても羨ましく、いったいどんな演出をされる監督なのだろうと気になっていました。 お会いしてお話してみると、作風から想像できないくらい穏やかで、人への向き合い方が信頼出来る監督だと思い出演を決めさせて頂きました。

過酷なシーンを撮っているはずなのに、現場はみんなクリエイトを楽しんでおり、この組で萩乃を演じられて、とても良き経験となりました。 萩乃は自分なりの家族というものを作ることが憧れだったはずです。流されつつたどり着いた先で直面するものたちとどう対峙出来るのか、じっくりと考えて撮影出来ました。

完成したものを観たときに、なんとも言えない気持ちになりました。この感覚は初めてのもので、いまだにどういった種類の気持ちなのか答えは見えていませんが、時間をかけて味わっていきたいものとなりました。 ぜひみなさんにも劇場で体感して頂ければと思います。

<キャラクターデザイン:押見修造>
お話をいただいた時、すぐにやりたいと思いました。実写映画のキャラクターデザインという、初めての仕事に対する興味とともに、何より内藤監督と仕事ができることにワクワクしました。 以前から、内藤監督の作品に刺激を受けていました。社会、それを作っている人間そのものに対する違和を抱えた者は、どうやって生きるべきか?生きていっていいのか?という、自分が漫画を通じて考えている問題と、内藤監督の映画はつながっているような気がして。 監督からいただいたイメージをもとに、「ちーちゃん」を具体的な形に落とし込むお手伝いをさせて頂きました。映画では衣装の細かなディティールまでイラストを再現して頂き、ゾクゾクするような強烈な存在感を放っています。

そして、この映画はちーちゃんの活躍するホラー映画であると同時に、「女性の怒り」が漲っています。先に言ったような社会に対する違和をひとつの出口に導いてくれたような気がしました。私にとって大切な経験になりました。また、それをもとに自分なりに発展させてスピンオフ漫画を描くことになりました。現在、鋭意執筆中です。映画とともに楽しみにして頂けたら嬉しいです。

<監督・脚本:内藤瑛亮監督>
「扉を開けると、うつぶせの娘の上に馬乗りになった少女が笑っていました」
そう題されたネット記事を目にしたのが始まりです。それは謎の少女に娘が襲われた現場に遭遇した女性の投稿でした。ここから現代的な恐怖映画をつくれそうな予感がし、本作を企画しました。

謎の少女は「ちーちゃん」と名づけました。彼女のキャラクタービジュアルは以前からファンだった押見修造先生に依頼しました。『悪の華』の仲村佐和、『ハピネス』のノラにも通じるキャラクターだと考えたからです。押見先生は快諾してくださり、怖くて格好よくて可愛いヴィランを描いてくれました。さらに前日譚の作品も描いてくださることになり、感無量です。構想案から、ネーム、ペン入れ原稿を拝見させ頂き、ファンとして贅沢な時間を過ごしています。

佐津川愛美さんは多くの関係者から、「本当にいい役者で、すごくいい人」と評判を聞き、いつか一 緒にお仕事したいと思っていました。念願叶って、今回主演を引き受けて頂きました。本作の主人公・萩乃は謎の少女からも娘からも夫からも翻弄されます。やがて自分を縛りつけていたものに気づき、抗います。佐津川さんは萩乃の危うさと芯の強さを繊細に演じて下さいました。彼女のラストショットを撮影したとき、現場でじーんと感動しました。脚本を書き始めたのが2012年なので、完成まで10年ちょっとかかりましたが、このタイミングだからこそ出会えたキャスト・スタッフと幸福な形で製作することができました。

 
   

ランキング(映画)

ジャンル