top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

柄本佑インタビュー「楽しくて豊かでユーモアもある、春画の新たな面を観てもらえれば」 映画『春画先生』公開中

ガジェット通信

なので三角関係というよりは、ふたりの関係をちょっと遠くで見ているわけですね。自分が叶えたいのは春画対全が出来上がることで、そういう感じの関係性だったと思って見ていました。ただ、弓子さんは芳賀先生にとって今までとは違うということも感じていたので、応援しているような立ち位置もあり、そこはいいなと思いました。

●北香那さんについては、どのような印象を持たれましたか?

辻村のセリフに「なるほど、先生はその顔がお気に入りなのですか」とありますが、北さんのふくれっ面じゃないですけれど、表情がチャーミングでした。あと直情的な声量、声の出し方、またフォルムのギャップが魅力的だなと思いました。北さんの魅力全開な作品だなと思います。

●春画が題材のエンタメ映画はめずらしいと思いますが、完成した作品の感想はいかがでしたか?

まず春画というものが題材としてもちろんあり、そこからは思いもつかないような明るさとコメディがあることを感じました。ただ、塩田監督の目線みたいなものは、とても面白いなと思いました。芳賀先生が春画にはこれだけのことが書き込まれているも、書かないことによってここまで表現さているということをおっしゃいますけど、あれは台本を読んだ時から紛れもなく、塩田監督が実感されて書かれていたセリフだと思うんです。

広告の後にも続きます

たとえば雪は何も書かずに生み出しているとか、白というこのお尻の立体感も何も書かずして生み出しているとか、それは非常に素敵だなと思いましたね。その発想にいたるのが塩田監督だなと思いますし、この作品を観て、そういうものを感じていただけたら僕としてはうれしいなと。

●今日はありがとうございました。最後に一言お願いいたします。

これだけの春画作品が映画の中に映し出されるのは初めてのことで、面食らう入口は確かにあると思いましたが、春画先生の言葉に耳を傾けて見ていると、春画の見え方が全然変わります。個性豊かでユーモアで、本当に生きる喜びじゃないけれど、春画と書いているけど青春画ではないのかと。いたしている時間は確かに青春であり、楽しい時間、それで春なんだと、むしろ分かりやすくするなら青春画なんだと言ってもよいのではないかと思うんです。それくらい楽しくて豊かで、ユーモアがあり、そういう春画の新たな面を見てもらえる作品だなと思いました。作品としての面白み、物語の読めない展開など、信頼して劇場に来ていただければと思います。

■ストーリー

”春画先生”と呼ばれる変わり者で有名な研究者・芳賀一郎は、妻に先立たれ世捨て人のように、一人研究に没頭していた。退屈な日々を過ごしていた春野弓子は、芳賀から春画鑑賞を学び、その奥深い魅力に心を奪われ芳賀に恋心を抱いていく。やがて芳賀が執筆する「春画大全」を早く完成させようと躍起になる編集者・辻村や、芳賀の亡き妻の姉・一葉の登場で大きな波乱が巻き起こる。それは弓子の“覚醒”のはじまりだった。

Ⓒ2023「春画先生」製作委員会

(執筆者: ときたたかし)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル