top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ドリンク「無糖」「微糖」「低糖」 基準はあるの? 違いをサントリーに聞いてみた

オトナンサー


飲料商品に表示されている「無糖」「微糖」「低糖」の違いは?

【画像で丸わかり!】“糖類”の量がポイント 「無糖」「微糖」「低糖」の違いを一挙公開!

 缶コーヒーやペットボトルコーヒーの多くは、「無糖」「微糖」「低糖」と表示された状態で販売されています。これらの表示は、どのような違いがあるのでしょうか。コーヒー飲料「BOSS(ボス)」シリーズなどを販売する、サントリー食品インターナショナル(東京都港区)の担当者に聞きました。

100ml当たりの糖類の量によって表示が異なる

Q.「無糖」「微糖」「低糖」の違いについて、教えてください。これらは、どのような基準で表示しているのでしょうか。

担当者「無糖、微糖、低糖の表示は、100ミリリットル当たりの糖類の量によって決まります。『糖』に関する表示のルールは、食品表示法で規定されており、飲料の場合、糖類が100ミリリットル当たり0.5グラム未満であれば『無糖』、2.5グラム以下であれば『微糖』『低糖』とそれぞれ表現することができます。

広告の後にも続きます

日本コーヒー飲料協会は、100ミリリットル当たり7.5グラムの糖類が含まれる製品を『コーヒー飲料等通常品』と定めています。このような製品と比べて、糖類の量を2.5グラム以上減らした場合も、比較製品を明記した上で『微糖』『低糖』という表現が可能とされています。

例えば、新たに開発した飲料製品に含まれる糖類が5.0グラム以下の場合、微糖または低糖と表示できます」

Q.では、「微糖」と「低糖」に違いはあるのでしょうか。

担当者「食品表示法の基準では、微糖と低糖に違いはありません。当社の場合、同一ブランドで微糖タイプの商品と低糖タイプの商品を同時に販売する際は、糖類がより少ない方の商品に微糖と表示しております」

Q.飲料商品は、「無糖」「微糖」「低糖」のいずれかの表示をしなければならないのでしょうか。

担当者「『無糖』『微糖』『低糖』を表記する際は、先述の食品表示法の基準を満たす必要がありますが、表記自体の義務はありません」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル