top_line

【クイズ】昭和57年公開。スピルバーグの大ヒットSF映画といえば何でしょう?

【U-22日本代表】松木玖生がノールックアシスト&ジャンピングボレーで観衆を沸かせた瞬間!アルゼンチン戦の大活躍に「パスがエグい」「アクロバットすぎる」など絶賛続々

ABEMA TIMES

【国際強化試合】U-22日本代表 5-2 U-22アルゼンチン代表(11月18日/IAIスタジアム日本平)

 20歳の才能がアルゼンチン相手に抜群の存在感を放った。松木玖生は先制点の場面でゴールに繋がるノールックパスで魅せたかと思えば、続いてジャンピングボレーを披露。スタジアムを沸かせるプレーの連発で、ファンも「カッコ良すぎるだろ!」、「アクロバットすぎる」と虜になっていた。

【映像】話題のノールックアシスト&ジャンピングボレー!

 U-22日本代表のMF松木が、U-22アルゼンチン代表戦で魅せた。先制点が決まった18分の場面では、FC東京の同僚でもある左SBのバングーナガンデ佳史扶が大外を駆け上がるプレーに合わせて視線を送りつつ、ノールックでその内側のレーンでボールを呼び込んでいた佐藤恵允に縦パスを差し込んだ。この松木のフェイクがアルゼンチン守備陣を混乱させたのは明らかで、試合を動かす重要なポイントとなった。

 さらに33分には、佐藤のクロスをボックス内でジャンピングボレー。難しい体勢ながらボールをよく抑えたアクロバティックなプレーで、惜しくもカバーした相手DFにクリアされたものの、スタジアムを沸かせた。

広告の後にも続きます

 こうした一連の松木のプレーにABEMA視聴者からは、「松木のパスうますぎ!」、「良い縦パスだったなあ」、「パスがエグいって」、「アクロバットすぎる」、「かっこいい」、「少林サッカーみたいなボレーだなw」、「これが若さ」など、賞賛のコメントが相次いで寄せられた。前半45分間のプレーだったが、インパクトは絶大だった。

 青森山田高校時代に全国高校サッカー選手権で日本を沸かせたMFが、今度はサムライブルーのユニホームを身に纏って全国のサポーターを興奮の渦に巻き込んだ。

(ABEMA/サッカー日本代表)
 

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル