top_line

【クイズ】昭和57年公開。スピルバーグの大ヒットSF映画といえば何でしょう?

侍ジャパン・井端監督、初陣で全勝V「国際大会の難しさも経験し成長できた」

ベースボールキング

侍ジャパン・井端監督、初陣で全勝V「国際大会の難しさも経験し成長できた」(C)ベースボールキング

カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ2023
○ 侍ジャパン 4x - 3 韓国代表 ●
<11月19日・東京ドーム>

 野球日本代表・侍ジャパンは19日、「カーネクスト アジアプロ野球チャンピオンシップ2023」の決勝戦で韓国と対戦し、延長10回の末に逆転サヨナラ勝ち。予選から4戦全勝で大会連覇を成し遂げた。

 決勝の先発マウンドを託された今井(西武)は4回5安打2失点(自責点1)で降板。3回は先頭打者への四球と味方の失策などでピンチを招き、先制の2点二塁打を浴びた。

 劣勢となった侍ジャパンだったが、0-2の5回からマウンドに上がった根本が好投。いきなり3番から始まるクリーンアップとの対戦だったが、5番のキム・フィジプを見逃し三振に仕留めるなどテンポ良く3者凡退でゼロを刻んだ。続く6回も先頭から2者連続三振を奪い、前の回から3者連続奪三振をマーク。2イニング目も小気味の良い投球で3者凡退でゼロを重ねた。

 根本の好投が攻撃のリズムを生み、4回まで無得点だった侍ジャパン打線は5回、4番・牧(DeNA)の左越えソロで1点差。続く6回も6番・万波(日本ハム)の右翼線二塁打などで一死三塁の好機を作り、8番・佐藤輝(阪神)の中犠飛で追いついた。

 根本は3イニング目となった7回、先頭打者のバント安打などで一死二塁のピンチを招くも、後続をピシャリと封じ3回1安打無失点、4奪三振無四球の好リリーフで降板。今大会は初戦の台湾戦でも2回無安打無失点のパーフェクト救援を披露しており、20歳の道産子左腕が再び大舞台で強烈なインパクトを残した。

 8回は桐敷(阪神)、9回は田口(ヤクルト)が1イニングずつ無失点。攻撃陣は9回までに勝ち越し点を奪えず、試合は2-2のまま延長戦に入った。

 無死一、二塁から始まるタイブレーク形式の延長10回表、侍ジャパンは5番手の吉村(ヤクルト)が先頭打者を遊ゴロ併殺に仕留め二死三塁。続く3番のユン・ドンヒに中前適時打を許したが、大ピンチを最少失点で凌いだ。

 その裏、井端監督は先頭の3番・森下(阪神)に代え古賀(西武)を代打で起用。緊張する場面で古賀は1球で犠打を決め、続く牧が申告敬遠で歩かされたあと、一死満塁で5番・坂倉(広島)が中犠飛を放ち同点。そして二死一、三塁で続く万波も敬遠されたあと、7番・門脇(巨人)がサヨナラ打を左前へ弾き返した。

 劇的な優勝決定後、選手たちの手によって6度胴上げされた井端監督。開口一番「ほっとしています」と安堵の表情を浮かべ、2点ビハインドからの逆転劇については「誰もあきらめることなく勝つことだけを思ってやってました」と振り返った。

 1点を追う延長10回裏、無死一、二塁で犠打を決めた代打・古賀については「きっちりバントするところも一発で決めてくれた。いい流れで得点することができた。古賀選手には感謝しています」と“ピンチバンター・古賀”を絶賛。サヨナラ打の門脇については「最後は彼らしく打ち返してくれた。よかったと思います」と称えた。

 10月に侍ジャパンの監督に就任し、負けられない初陣で全勝優勝。新指揮官は「若い選手で臨みましたし、国際大会の難しさも経験して成長できた」と今大会を振り返り、今後について「来年はプレミアもありますんで、ひとりでも多く、侍ジャパンに入ってくれることを願っています」と期待を込めた。

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル