top_line

【クイズ】昭和57年公開。スピルバーグの大ヒットSF映画といえば何でしょう?

『ガンダムSEED』劇場版、西川貴教が主題歌続投!小室哲哉と夢のコラボ

シネマトゥデイ

「ガンダムSEED」といえばこの人! – 主題歌を担当する西川貴教 – (c) 創通・サンライズ

 アニメ「機動戦士ガンダムSEED」シリーズの完全新作となる劇場版『機動戦士ガンダム SEED FREEDOM』(2024年1月26日全国公開)の主題歌が、西川貴教と小室哲哉のコラボレーション楽曲「FREEDOM」に決定した。

 西川といえば、T.M.Revolution名義で「ガンダムSEED」第1クールOP「INVOKE -インヴォーク-」、続編「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」第1クールOP「ignited -イグナイテッド-」をはじめ、「Meteor -ミーティア-」「vestige -ヴェスティージ-」といった挿入歌など数多くの楽曲を担当。「SEED DESTINY」では、声優としてハイネ・ヴェステンフルス役を務めた。

 また、小室も TM NETWORK として映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)の主題歌「BEYOND THE TIME~メビウスの宇宙を越えて~」を担当するなど、ガンダムと縁が深い。「ガンダムSEED」シリーズ20周年の節目を迎えた今回、西川がリスペクトを寄せる小室と夢のコラボが実現した。

 主題歌続投の西川は、「劇場版の発表から幾年月、特にこの20年で世界を取り巻く状況が激変したことで、正直かなり悩みました」と心境を吐露。「『どんな楽曲を創るか』よりも『どんな想いを込めて作品を送り出すべきなのか』に多くの時間を割きました。よって、これまでの制作とは次元の異なる難しさがありました。今回の作品は単純に『SEED』という物語の完結だけではなく、ガンダムの歴史を踏まえた座組で過去と今を紡ぎ、次の世代へ繋げることこそが僕の役目だと思っています。皆さんがどう受け止め、皆さんにどう響くのか、素直に楽しみです」と期待を寄せた。

 『逆襲のシャア』から35年を経て再び主題歌を担当する小室も、「僕にとっては奇跡と言えます。地球を危惧するあらゆる事象の中で、ガンダムは光です。渾身の力で制作に望みました」とコメント。「西川貴教くんとは初めてのタッグですが、期待通りの歌唱力に圧倒されています。劇場公開をぜひお楽しみに!」とアピールした。(編集部・倉本拓弥)

 
   

ランキング(映画)

ジャンル