top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「強盗事件」少年の検挙数6割増加、特殊詐欺被害370億円 「闇バイト」から“家族守る”方法を元警視庁捜査官・刑事が解説

オトナンサー


「闇バイト」から“家族守る”方法とは

【画像で丸わかり!】「闇バイト」から家族を守る方法! 強盗事件から身を守る方法も!

 2023年、高級腕時計店や一般宅に対する強盗事件が多発。また特殊詐欺も依然として猛威を振るっています。両事件に共通し、その裏に存在する「闇バイト」が社会問題化しました。そこで強盗事件や特殊詐欺事件、闇バイトへの対策について、元警視庁公安捜査官・刑事であり、防犯事情に精通する日本カウンターインテリジェンス協会代表の稲村悠さんに聞いてみました。

「闇バイト」からの“勧誘”は「高額収入」「国対応」「営業で地方へ」など多岐

Q.まず、強盗事件や特殊詐欺事件は増加傾向にあるのでしょうか?
稲村さん「今年1月に東京・狛江市で起きた強盗殺人事件を機 に、全国的に闇バイトによる事件が相次いで明るみになりました。実際、現職の警察幹部に聞いたところ『闇バイトを使った強盗は現場でも多く扱っている』ということでした。犯罪統計資料の『刑法犯罪種別“認知・検挙件数・検挙人員”(2023/1~2023/9)』 を確認したところ、強盗事件に関して明確に増加の傾向が見られています。強盗事件に関する数字は以下の通りです。

・認知件数=1036件(前年比+22.6%)
・検挙件数=876件(前年比+17.4%)
・検挙人員数=1124人(前年比+31.5%)
・検挙人員数(少年)=229人(前年比+63.6%)

広告の後にも続きます

特筆すべきは、少年の検挙人員数です。前年に比べ+63.6%と極めて深刻な増加率となっています。その背景には、SNSを活用した闇バイトの存在があるのは言うまでもありません。

さらに、最近、特殊詐欺事件の掛け子が東南アジアで検挙されるなど大きく報道されています。実は、2022年の1年間で特殊詐欺の被害額は370億円となっており、依然として大きな問題となっています。

Q.狛江の強盗殺人事件における闇バイトの構図を、改めて教えてください。
稲村さん「殺人事件を犯した犯罪グループは、末端の実行者を闇バイトで募集し、指示役はフィリピンから末端の人物に指示するという構図をとっていました。そもそも、犯罪グループには首領(元締め)を頂点に、その下に指示役を作り、指示役の下には闇バイトのリクルーターや名簿を集める情報収集役、スマホや口座など各ツールを用意する管理役が存在していました。さらに、指示役の指揮下に実行役がいて、その実行役グループもリーダーを筆頭に運転役など細かく役割が分かれていました。

この手法は特殊詐欺で確立されたもので、掛け子、受け子などの実行者を闇バイトという形で募集し、自らは表に出ない形で指揮し、捜査の手が届きづらいプロセスを作り上げていました。最近の強盗事件も特殊詐欺事件も似た構図が描けます。

 情報収集役はいわゆる『闇名簿』を同業者や名簿屋から買い付けしたり、ダークウェブで入手し、その名簿でターゲットを定め、実行役に強盗を行わせていました。

Q.私たちの個人情報はどのように集められて、名簿が作られるのでしょうか。
稲村さん「その手法は特殊詐欺のアポ電のように“電話”や“住宅出入り業者”からの買い付けなどが考えられます。例えば、『広域アンケート』と称し、自動音声でガイダンスに従って番号を押すように促すような手法もあります。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル