top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

「学びとは何か?」ドキュメンタリー映画『世界のはしっこ、ちいさな教室』を観て考えた 教育の本質と日本の子どもたち【西岡正樹】

BEST TiMES

 

 「学校とは?」と問われたら、日本の子どもたちは「勉強する所」と応えるのが精いっぱいだろう。また、きっと経済的に恵まれている他の国の子どもたちが応える内容も、五十歩百歩なのではないだろうか。何故なら、そんなことを考えて学校へ通っている子どもなんて、まずいないだろうし、就学する年齢になれば、誰もが学校に行くものだと思っているからだ。 

 日本の人口は約1億2千万人、国土の隅から隅まであらゆる地域に、およそ3万の小学校や中学校が存在し、何かの事情がないかぎりほとんどの子どもは、義務教育として学校に通うことができる。

 ところが、世界に目を向けると、世界の人口はおよそ80億人。そのうちのおよそ20億人が子どもなのだが、学校で学びたくても学べない子どもがおよそ1.2億人いるということが調査結果に出ている。ということは、世界の子どもたちのおよそ20人に1人は、学校で学びたくても学べない環境にあるのだ。

 幸運にも学校に通える子どもであっても、通っている学校の教育環境が、今の日本とはかけ離れた過酷なものである地域は世界中に多くある。ところが、どのような環境にいても、子どもたちは「学校で勉強したい」という強い思いを持ち続けている。元来、人は分からないことは分かるようになりたいと思い、できないことはできるようになりたいと思う存在であり、学校はそのような本性的な学びを保証する「場」なのだ。

広告の後にも続きます

 

 さて『世界のはしっこ、ちいさな教室』というフランス映画だが、ブルキナファソ(アフリカ)の僻村(首都ワガドゥグから600km離れている)ティオガガラ村にある土壁と茅葺の小学校、シベリア(ロシア)の遊牧民エブァンキ族のキャンプにある移動教室、そしてバグラディシュの北部(洪水で1年の半分が水没している)スナムガンジ地方のボートスクールが舞台である。過酷な環境の中で、たった一人の教師が子どもたちを導き、そして子どもたちが成長していく、その様子を描いたドキュメンタリー映画だった。

 

 ブルキナファソのサンドリーヌ先生は「国立初等教員養成学校」を卒業したばかりの新任教師。首都ワガドゥグに2人の子どもと夫を残し、単身で、600㎞離れた、全くインフラの整っていない僻村ティオガガラ村に赴任した。そして、初めて教師として働く場所が、土壁と茅葺屋根の粗末な教室であり、50人もの子どもたちの担任なのだ。「新任教師には過酷すぎますね」と訴えるサンドリーヌ先生に対して「すぐに慣れますよ」と返す校長先生。(日本の教師から言わせてもらえば、どちらの感覚もおかしい)

 

 シベリアのブァシレブァ先生は、教材や机椅子を乗せた橇(トナカイが引っ張る)で子どもたちが暮らすエブァンキ族のキャンプ地を巡っている。移動式の遊牧民学校は一張のテントなのだ。ブァシレブァ先生は、1か所のキャンプで10日間指導すると、次のキャンプ地へ移動していく。それを繰り返しているブァシレブァ先生は、「これは、エブァンキ族の子どもたちの未来のために、自分に与えられた使命なのだ」と言う。

 

 バングラディシュのアクテル先生は、モンスーンで1年の半分が水没してしまう地域のボートスクールの教師だ。この地域はアクテル先生が生まれ育ったところでもある。「学ぶことによって自分の未来を切り開いていく力が持てる」と信じるアクテル先生は、特に女性に自立した力を持つことの大切さを訴え、児童婚や児童労働の犠牲にならないように子どもたちを啓発している。22歳とは思えない信念の強さは、どのようにして生まれたのだろう。

  

◾️ブルキナファソの識字率は41%。2.5人に1人は字が読めない

 

 ブルキナファソの識字率は41%である。2.5人に1人は字が読めない。世界の識字率の平均が85%を越えていることを考えると深刻な状況である。サンドリーヌ先生が赴任した小学校1年生の教室には、公用語であるフランス語を話せる子どもは1人しかいなかった。5つの言語が飛び交う教室には、50人の子どもたちが片寄せ合っている。日本の教師なら途方に暮れるだろう。

 50人の子どもたちがフランス語を話せる、読める、書けるようにするために、また、生活に必要な学力をつけるために、たった一人で苦闘するサンドリーヌ先生は、悩み苦しみながら1年を過ごした。自分にできることは何でもする。その思いを持ち続け、行動してきたサンドリーヌ先生は、大きく成長した子どもたちを前にし、1年間を振り返り、これが自分の天職だと自覚するのだ。

 そして、サンドリーヌ先生は、未来に続くやりがいを自覚しながら、さらなる5年間を見つめる(サンドリーヌ先生はこのクラスを6年間受け持つことになっている)。サンドリーヌ先生のパワーは、すべて子どもたちの成長のために向けられ使われる。「子どもたちを前にしたらどんな困難も重圧も忘れる」という言葉から、サンドリーヌ先生の子どもたちへの大きな愛を感じ取ることができた。

 

 アムール州に住むエブェンキ族はアムール州全人口の0.2%しかいない。エブェンキ族の人たちは、広大なタイガで遊牧生活を営んでいる。ブァシレブァ先生は、そんな同胞の子どもたちのために移動式の遊牧民学校を開き、ロシア語の他に、エブェンキの伝統や言語、そして、エブァンキ族のアイデンティティを伝えている。

 自分の子ども時代を振り返り、ブァシレブァ先生の心の中には、父母と共にエブァンキ族として生活しなかったという後悔があるのだ。そして、その後悔がブァシレブァ先生を突き動かしている。子どもたちに成長の兆しが見えるまで繰り返し根気よく子どもたちに関わり続けるブァシレブァ先生には、「決してエブァンキ族の伝統文化、言語を絶やしてはいけない」という自分に課した使命があるのだ。

 また、「教育には我慢と忍耐が必要です。エブァンキ族の子どもたちが自信を持てるように導くのです」と自分に言い聞かせるブァシレブァ先生は、エブェンキ族の未来は、自信を持った子どもたちが引き継いでいってくれると、信じている。

 

 バングラディシュの北部スナムガンジ地方は毎年のモンスーンにより土地の半分が水没する。そのため、ボートスクールは、この地方にはなくてはならないものだ。ボートスクールの教師であるアクテル先生もこの地方の出身で、自らも洪水で家を失った経験を持つ。また、アクテル先生は、家族の中では唯一の自立した女性であり、自身だけではなく、より多くの女性が自立する社会を目指している。

 ある日、中学校への進学を目指している女生徒の親が、女生徒の姉の婚約者が家に来るから早退させてほしい、と迎えに来た。アクテル先生はそれを断固拒否し、「早退すると学びが遅れてしまうので、授業が終わるまで待ってほしい」と母親を説得した。その言葉には力があった。しかし、母親は「帰してほしい」という言葉を繰り返すばかり、それでもアクテル先生は一歩も引かない。とうとう、母親はアクテル先生のその強い信念に翻意したのだ。若くして強い信念を持つアクテル先生は言う。

 「学ぶことでどんな困難にも立ち向かい、自ら選んだ道を歩けるように子どもたちを導く」

 アクテル先生自身が、自らの学びを通し自らの未来を信じられるようになったから言える言葉なのだ。 

 

 経済的に豊かになると、世の中に物が溢れ、便利が普通になり、楽しみも増える。すると、必然的に人々の生活は変わり、人々が求めるものも変わる。当然のことながら、社会が学校に求めるものも変わってくる。それは日本の戦後教育史を見れば一目瞭然だ。

 この映画にあったように、経済的に豊かではない、ブルキナファソ(アフリカ)、シベリア(ロシア)、バングラディシュ(アジア)の子どもたちは、自分たちの伝統文化を守り、生活を築き、そして自らの力で道を選び進んで行ける力をつけるために学校に来ている。子どもたちが学んでいる姿やその様子から分かるのだが、子どもたちは「学ぶことが今の自分たちには必要なのだ」と理解しているのだ。

アルゼンチンからチリへ戻ってきた。私のパタゴニアの旅も終わる。

  

◾️子どもの暴力行為件数は過去最多。不登校児も過去最多の30万件

 

 では、日本の子どもたちはどうだろう。「伝統文化を守り、生活を築き、そして、自らの力で自分の道を選び進んで行ける力」なんて必要ないと言わんばかりの言動が目立つ。また、そのような子どもたちが置かれている現状に目をやると、日本は危機的な状況にある。基準が変われば数字は変わってくるので鵜呑みにはできないが、いじめの件数や子どもの暴力行為件数は、過去最多であり、不登校児の数も過去最多で30万件に迫っている。

 また、目の前にいる子どもたちは、溢れる情報の中で思考を停止させ、複雑化した関係に大きなストレスを抱き、ただただその中で右往左往しているのだ。「いじめ」「暴力行為」そして「不登校」が複雑に絡み増大化する日本の子ども社会は、正しく大人社会をなぞっている。

 現代日本の大人社会では、様々なハラスメントがお互いを押しつぶしている。また、人々は過酷な労働環境の中で働き、物価の高騰や円安に慄き、その反動か、人々のいら立ちは日常化している。

 また、それに耐えきれなくなった人々は、強すぎる刺激から逃避し、家の中に閉じこもってしまう。間違いなく、日本社会は大きなストレスを抱え、その中で多くの人々は見えない息苦しさに過呼吸気味に生活しているのだ。

 『世界のはしっこ、ちいさな教室』の舞台であるブルキナファソ(アフリカ)、バングラディシュ(アジア)、シベリア(ロシア)にある小さな学校も、それぞれに多くの課題を抱えている。また、子どもたちが過酷な教育環境に置かれていることは否定できない。『世界のはしっこ、ちいさな教室』で学ぶ子どもたちは、恵まれている環境とは程遠いが、けっしてストレスフルではない。

 それは、素直に、貪欲に学んでいる子どもたちの姿に表れている。子どもたちは学びから逃避しようとしていない。自分には学びが必要だと分かっている。また、子どもたちのために全身全霊をかけて活動している教師の姿を目の前にして、子どもたちがそのような教師の姿に影響を受けないはずはない。教師は子どもにとって一番大きな影響を与える存在なのだ。

 

 来年年明け、私は東南アジア4か国(ベトナム、カンボジア、タイ、ラオス)の学校を巡る旅をする。きっと多くの刺激を受けるだろう。そして、目の前の教師や子どもたちを通して見えてくる「日本の学校」をしっかりと目に焼き付けてこようと思う。

 

文:西岡正樹

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル