top_line

【クイズ】昭和57年公開。スピルバーグの大ヒットSF映画といえば何でしょう?

新潟弁!意味が難しい「新潟の方言」TOP10

ランキングー!

今回はウェブアンケートにて総勢10,779名に調査した<新潟弁!意味が難しい「新潟の方言」ランキング>を発表します。新潟生まれのお菓子「ばかうけ」の「ばか」の意味は?「大洋紙」ってどんな紙?気になったらさっそくランキングをチェック!




※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。


【新潟弁!意味が難しい「新潟の方言」ランキング】

第1位 なじらね(調子はどう?)(1,243票)
第2位 ごうぎら(すごい)(994票)
第3位 よっぱら(飽き飽き)(716票)


(4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
※有効回答者数:全年代の男女(性別回答しないを含む)10,779名/調査日:2023年11月14日



新潟弁の定番挨拶!1位は「なじらね(調子はどう?)」!

<投票者のコメント>
「『なじらね』って言われても答えられない」

「分からないで変に答えそう」

「絶対聞き返しちゃう」

「なじらね」は「なじらね?」と問いかける形で使い、「調子はどう?」や「どうですか?」という意味の方言です。挨拶代わりに使える非常に使い勝手の良い言葉で、久しぶりに会った友人に「なじらね?」と声をかけることも。英語の「How are you?」のようなニュアンスですね。「なじら?」や「なじ?」などさらに短く縮めて使う場合もあります!


語源を知ると納得?2位は「ごうぎら(すごい)」!

<投票者のコメント>
「使う頻度が高そう」

「覚えられない」

「ギラギラ!している!」

広告の後にも続きます

「すごい」を意味する方言「ごうぎら」。「豪気だ(ごうぎだ)」が変化して「ごうぎら」になったそうです。「すごいですね」という意味で「ごうぎらね~」「ごうぎらの~」などの言い回しをします!のんびりとした響きに癒やされますね!


酔っ払い…ではありません!3位は「よっぱら(飽き飽き)」!

<投票者のコメント>
「酒に酔っていると思うかも」

「お酒関係に思っちゃう」

「『もっぱら』でもなく?」

「酔っ払い」と聞き間違えてしまいそうな「よっぱら」は「飽き飽き」や「もう充分」といった意味の方言!「飽きて嫌になってしまった」と言いたい時は「よっぱらんなった」と言います。どちらかというと悪い時に使う言葉ですが、「よっぱら」という響きはなんだか可愛らしいですね!


4位以下はもんじゃくる(ぐちゃぐちゃにする)や、じょんのび(ゆったり、のんびり)、ぶちゃる(捨てる)などがランクイン!

 
   

ランキング

ジャンル