top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

私人逮捕系YouTuberは正義のヒーローではないーー弁護士が指摘する問題点

Real Sound

 昔からフィクションの世界では、法では裁けないような悪人を成敗するタイプのヒーローが数多く描かれてきました。そういうイメージもあってか、一部のYouTuberや視聴者は自分たちこそが道徳的で正義の側に立っていると考えているのかもしれません。『私人逮捕』という言葉にも、自分たちは自警団のような存在だという意識が垣間見えます。しかし、結局のところそのようなYouTuberはいかにアテンションを集めて収益化するか、つまり『とにかく目立って金を稼ぎたい』という考えのもとに動いているわけです。私人逮捕系YouTuberの存在も、またそれを支持する人々も根本的に間違っていると感じます」

 フィクションの世界で描かれる、国家権力とは異なる正義や仁義を抱いたヒーローたちの活躍は痛快であり、多くの人々にとって憧れとなるのも無理のないところだろう。杉田一明容疑者がコスプレをしていた『鬼滅の刃』の煉獄杏寿郎もまた、「宵闇に紛れて惡鬼の手から只人を護り続けて来た」組織である鬼殺隊の一員だった。しかし、日本が法治国家であるかぎり、個人が個人を私的に罰する権利はない。もしも本当に自警団として治安維持に貢献したかったのであれば、地域社会で「火の用心」の夜回りに参加するなど、もっと別の有意義な方法があったはずだ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(読書)

ジャンル