top_line

【クイズ】昭和57年公開。スピルバーグの大ヒットSF映画といえば何でしょう?

「マクロン後継者」調査で躍進、34歳ガブリエル・アタル教育相の型破りさ

NewSphere


 フランスの現大統領エマニュエル・マクロンは初当選時には39歳、2期目に入った現在でも45歳。日本から見ると驚きの若さだが、フランスにおいても例外的で史上最年少の大統領であった。だが、もしかしたらこの記録が塗り替えられる日も近いかもしれない。

◆34歳の教育相ガブリエル・アタル
 現在フランスの教育相(国民教育・青少年大臣)を務めるガブリエル・アタルは、1989年生まれ、現在34歳という若さだ。2020年7月から2022年5月まで続いたジャン・カステックス内閣時代に務めた政府スポークスマンの印象が強いが、政治家としてはそれより前から活動しており、最初に閣僚補佐官となったのは、2012年の23歳の時だった。

 フランスの大統領の任期は5年で、連続した任期は2期までとされている。現在2期目のマクロン大統領の任期は2027年までで、2027年には新しい大統領が生まれる。

◆2027年大統領選の候補?
 次の大統領選まで3年半となった現在、すでに各メディアは投票意向を問う世論調査などを発表し始めている。たとえば、フィガロ紙の依頼を受けたフランス世論研究所(Ifop)が10月末に発表した世論調査によれば、マクロン大統領陣内の政治家で、有権者の投票意向割合が最も高いのはエドゥワール・フィリップ元首相(25%)。それに続いたのがガブリエル・アタル教育相(19%)で、ブルーノ・ルメール経済相(18%)、ジェラルド・ダルマナン内相(16%)を上回った。しかも、フィリップ元首相やダルマナン内相とは異なり、アタル教育相自身は次の大統領選についてまだ何の野心も表明していない。

 ちなみにこの世論調査において、有権者の投票意向割合が最も高かったのは、極右政党である国民連合の元党首であるマリーヌ・ルペン氏(31~33%)だった。左党はといえば、いずれも支持率を大きく落とし、最も投票意向率の高い元左翼党党首ジャンリュック・メランションですら14~15%のみという結果だった。

◆マクロン陣営を代表する人物
 話をアタル氏に戻すと、この世論調査より少し前にJDD紙の依頼でIfopが行ったアンケート調査でも、アタル氏の人気の高さがわかる。これは、具体的な人物名を挙げ、「このうち、2027年にエマニュエル・マクロン陣営を代表すると思われる人物は誰か」という問いを投げかけるものであった。

広告の後にも続きます

 この質問に対し、アタル教育相を選んだ人は57%で、フィリップ元首相の55%を上回った。この2人に次いで、ダルマナン内相(49%)、ルメール経済相(48%)、エリザベット・ボルヌ首相(46%)、ジャン・カステックス元首相(40%)が選ばれている。

 もしも2027年にアタル氏が大統領に選出されれば、38歳の大統領が現れ、マクロン大統領の記録、39歳を塗り替えることになる。

◆人気の秘密は?
 若きアタル教育相がこれほどまでに国民の信頼を得た理由は何なのか? フランス・アンテール(11/2)は、言行一致、しかもほぼ即時実行であることが大きいとしている。

 教育相となってからの例を挙げれば、教育相に就いてわずか3週間後には、いじめ問題に関し、いじめの被害者ではなく加害者を転校させるという法令を出した。また、学校でのアバヤ(イスラムの民族衣装)着用禁止を発表した翌週には、全国の学校でアバヤ禁止が実行された。さらに、バカロレア(高校卒業試験)を6月、ブルベ(中学卒業試験)を7月にすると明言した後には、すぐさまその通りに学校のカレンダーが設定された。

◆年齢だけではない型破りさ
 現在フランス政府はようやく学校のいじめ問題に本気で取り組もうとしている。日本と異なり、フランスでは政治家は定期的にラジオやテレビの討論番組、ジャーナリストによるインタビュー番組に出演し、国民に向けて政策をわかりやすく解説するのが常だ。

 アタル教育相も5日にTF1のテレビ番組に出演し、いじめ問題とその対策をインタビュー形式で答えた。毎週日曜夕方に放送されるこのインタビュー番組の平均視聴者は450万人以上である。大きな反響を呼ぶことが確実なこの番組で、教育相は学生時代、自身もいじめを受けた経験があると告白した。感情をこめて、しかし完全に抑制された表現と真摯な口調で語る教育相の告白を、政治コミュニケーションの専門家らは「素晴らしいコミュニケーション戦略」だと評価している(20minutes紙、11/6)。

 今後、フランス政治の中枢に長く関わると思われるガブリエル・アタル教育相。今後の動向に注目したい。

 
   

ランキング

ジャンル