top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

加護亜依、AV業界でNo.1宣言!? 「それも作品なので…」とやる気を表明

ABEMA TIMES

 加護亜依が、過去にAV業界からのスカウトがあったことを告白。当時は断ったが、もしも今再びオファーがあったら「それも作品なので、No.1になろう」とやる気を表明し、ニューヨークとさらば青春の光を驚かせた。

【動画】加護亜依、AVオファーされた時の様子

 ABEMAオリジナル番組『愛のハイエナ』は、愛をテーマに人間の欲望と本性を暴くドキュメントバラエティ。ニューヨークがMCを務め、さらば青春の光がレギュラー出演。この日のゲストには加護亜依が登場した。

 一晩で数百万円もの売り上げをたたき出し、No.1に君臨し続けた伝説のキャバ嬢たち。そんな大金を稼ぎまくったキャバ嬢たちは引退後、どんな生活を送っているのか。この日は引退後のキャバ嬢の今を調査する「伝説のキャバ嬢は今?」の第二弾が放送された。

 金髪の髪をポニーテールの三つ編みにし、カジュアルなグレーのジャケットで登場した加護。VTR終了後、キャバ嬢をやってみたいかと尋ねると、気持ちはあるがオファーは受けたことはないと答えた。

広告の後にも続きます

 キャバ嬢のオファーはなかったが「AVはある」と突然、明かした加護。さらばの2人は、目を丸くし「ええ~~~!」と驚き。加護は「映画だって聞いて、台本をもらったらめっちゃ裸になっていて危なかったです」と映画だとだまされそうになったことを告白した。

 ただ、今再びAVへのオファーがあった場合は「それもそれで作品なのでやるんだったら、No.1になろうみたいな」とコメント。森田哲矢は思わずスタッフに向けて「RECできてるよね?」と確認し、嶋佐和也は「あなた、今AVのNo.1を目指す宣言をしたの?」と再確認した。

 その後、高額納税者だった14歳のときの家賃を明かし、ニューヨークとさらばが、一斉に天井を見上げて驚くシーンもあった。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル