top_line

【クイズ】「音」の記録に初めて成功した発明家は〇〇〇〇

成功するには「努力」も「才能」も必要だが…研究者が裏付けた「もうひとつの力」の存在【茂木健一郎が解説】

幻冬舎ゴールドオンライン

「成功」を収めるには、たゆまぬ努力と本人の才能だけでなく、目標までまい進する「やり抜く力」が必要――。日本の名アスリートの例とともに、「やり抜く力」の科学的定量化に成功したエピソードを交え、「やり抜く力」の重要性を脳科学者の茂木健一郎氏が解説します。※本連載は、茂木 健一郎氏の書籍『運動脳の鍛え方』(リベラル新書)より一部を抜粋・再編集したものです。

「やり抜く力」で成功を収めた、二人のアスリートの例

私たちが成功を収めるために何が必要なのか。

努力? それとも才能?

これは、ビジネスやスポーツの世界で長年にわたり議論されているテーマです。

この議論に、一つの風穴をあけた人物がいます。アメリカの心理学者であるアンジェラ・リー・ダックワース氏が、世界中の叡智が集結するカンファレンス「TED」で新たな研究成果を発表(2013年)したことは記憶に新しいのではないでしょうか。

広告の後にも続きます

※TED(Technology Entertainment Design)……世界中の著名人や知識人によるさまざまな講演会を開催・配信している米国に本部を置く非営利団体。過去には、Microsoftの創業者であるビル・ゲイツ氏や、Appleを設立したスティーブ・ジョブズ氏も登壇して話題になった。

それは、「グリット」という考え方です。

グリットとは、何かの目的を達成するために継続的に粘り強く努力することによって、物事を最後までやり抜く力のこと。冒頭の問いに対して、ダックワース氏は自身の研究結果をもとに、誰もが生まれながらの素晴らしい才能を持っているわけではないし、豊かな才能や知能を持ったすべての人が成功を収めているわけでもないと考えました。

成功を収めるために最も重要なのは、目標の実現に向けた継続的な努力、つまりやり抜く力だと提唱したのです。

これを裏付けるため、一見すれば才能の持ち主のように見えて、実はこのやり抜く力で成功を収めた二人のアスリートの事例を紹介したいと思います。

まず一人目は、元マラソン選手の有森裕子さん。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル