top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

もしかして愛猫が「認知症」かも…と思ったら 見るべき5つのチェックポイント

ねこちゃんホンポ

愛猫が「認知症」かもと思ったら見るべきチェック項目

猫界においても高齢化が進む現代、もはや認知症は人間だけの病気ではありません。中~高齢の猫は、猫種を問わず認知症を発症する可能性があります。

今回は、認知症を疑うべきサインを5つ紹介いたします。シニア猫と暮らす飼い主さんはもちろん、まだまだ若い猫と暮らす飼い主さんもこれからに備えて参考にしてみてください。

1.食事の催促頻度

認知症を発症すると、直近の出来事を記憶することが困難になります。それが顕著に現れるのが、食事の催促の頻度です。

今さっき食べ終えたばかりなのにという状況ながら、まるで貰っていないかのように欲しがります。

こればかりは仕方がない現象です。認知症の診断が下った場合は、気持ち程度のキャットフードを与えられる量を考慮しながら食事を用意してみてください。

2.徘徊の有無

広告の後にも続きます

これも定番の症状なのですが、認知症を患うと「徘徊」という行動が目立つようになります。これは、明確な目的地が不明なままウロウロするものです。

猫の場合は同じルートを行ったり来たりすることを繰り返したり、円を描くように歩き回ります。

年齢柄、視覚や聴覚が衰えている場合も多いので、可能な限り障害物をなくしておきましょう。テーブルや椅子の足には柔らかい布などを巻き付けて保護しておくと安心です。

3.トイレの失敗の回数

最初に記憶のお話が出てきましたが、猫の認知症における記憶障害は他にもあります。

例えば、住み慣れた家にも関わらず、トイレの場所が分からなくなり失敗が増えることです。

嗅覚が優れた猫も例外ではなく、やはり混乱を来たした結果、粗相をしてしまう場面が生じるでしょう。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル