top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

猫のヘアボール対策、飼い主さんがやるべき3つのこと 吐き戻しを軽減するために

ねこちゃんホンポ

ヘアボールを吐き戻してしまう原因とは?

猫は身だしなみを整えたり体についたニオイを消したりするためにグルーミングを行いますが、抜けた毛が舌にくっついて飲み込んでいることがあります。

被毛は消化できないので胃の中に溜まっていき、大抵はウンチと一緒に体の外に排泄されますが、飲み込んだ毛の量が多かった場合などには吐き戻してしまうことも。

健康な猫でも数週間〜数ヵ月おきに吐き戻す場合がありますが、1日に何度も吐き戻してしまったり換毛期ではないのに頻繁に吐く場合は病院を受診してください。

一方でヘアボールがお腹の中に溜まったままうまく排出できないと、食欲不振や便秘、頻繁な嘔吐といった「毛球症」の症状が表れます。

最悪の場合には腸を塞いでしまう「腸閉塞」を引き起こしてしまうリスクもあるので、日頃からヘアボール対策をしっかり行うことが大切です。

対策1.定期的にブラッシングやシャンプーを行う

広告の後にも続きます

ブラッシングやシャンプーを定期的に行うことで猫が飲み込む毛の量を減らしましょう。

ブラッシング頻度は短毛種で週3回程度、長毛種は1日1回が目安です。換毛期(3月と11月)は特に抜け毛が増えるので短毛種は1日1回、長毛種は1日2回ほどに増やすと良いでしょう。

長時間のブラッシングは猫に負担をかけてしまうので、1回につき3〜5分程度の短時間に留めるのをおすすめします。

シャンプーの場合は必要以上に洗いすぎると皮膚トラブルの原因になり、グルーミングが増えてしまう可能性があるので、短毛種の場合で換毛期に合わせて年1〜2回程度、長毛種で月1回程度を目安に行いましょう。

対策2.ストレスが溜まっていないか確認する

グルーミングは不安や緊張を感じる時に気持ちを落ち着かせる役割も担っています。

猫がストレスを溜め続けてしまうと、グルーミングが増えてヘアボールの原因となるばかりか、同じところを何度も舐めて皮膚炎や脱毛のリスクまで生じる可能性があるので注意が必要です。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル