top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

猫に「かつお節」はNG?与えすぎが危険な理由と正しい与え方

ねこちゃんホンポ

実は「かつお節」は塩分が高め

一般的に人間の食べ物に含まれる塩分は、猫に対して多過ぎるといわれています。

「かつお節」もまさにその中のそのひとつ。1回あたりの塩分量は大したことはなくとも、繰り返し与え続けることでそれなりの塩分量を摂取させてしまうことに繋がります。

猫にとって、塩分の過剰摂取はとても危険です。塩分の過剰摂取によって、腎臓や心臓などへの負担が増加し、病気のリスクを高めてしまう懸念があります。

塩分過多にならないよう万全を期すためにも、猫が欲しがるからといって「かつお節」をやたらと与えるのは控えた方が無難です。

与えるなら「猫用かつお節」を選ぶ

それでは、猫にかつお節をまったく与えてはいけないのか、かというとそうではありません。

広告の後にも続きます

塩分調整された猫用かつお節なら、人用のものよりも塩分を少なくして与えられます。

猫用かつお節は、ドラッグストアやディスカウントストアなどで店頭販売されている他、有名ネット通販サイトなどでも取り扱いがあります。もし興味があれば、探してみてください。

猫にとっての適量はトッピング程度

猫用だからといって、猫にかつお節を与える量は「トッピング程度」にとどめることが大切です。減塩仕様だからといって、ご飯代わりに大量に与えてしまうのはNGです。たとえ猫用だったとしても、過剰摂取してしまえば結局塩分過多に繋がってしまいます。

加えて、かつお節に含まれるDHA・EPAなど不飽和脂肪酸も過剰摂取が好ましくない栄養です。猫が継続的に不飽和脂肪酸を多く摂取すると、黄色脂肪症(イエローファット)という病気が引き起こされます。黄色脂肪症は疼痛や歩行障害などに繋がる恐れがあるため、注意が必要です。

極端に大量に与えなければ大きな問題にはならないですが、かつお節を猫に与えるときは、習慣的に与えず、食欲が乏しいときに限定しましょう。量もほんのひとつまみ、トッピング感覚で食欲を促進させるために与えましょう。

持病がある場合は獣医師に相談

猫用かつお節であっても、心臓病や慢性腎臓病、泌尿器疾患などの持病を抱えている場合は与えるのは控えた方が無難です。かつお節に含まれる塩分・ミネラルが治療に悪影響を及ぼす可能性もゼロではありません。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル