top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

上野|蕎麦屋をリノベーションした無機質な空間が魅力の「229」で読書を楽しみながらカフェタイム

いろはめぐり

上野の「229」は、蕎麦屋をリノベーションして生まれたお店です。

B1Fから2Fまで、3つのフロアに分かれており、多彩な体験ができるのが魅力の229。
本記事では、読書を楽しみながらカフェメニューやお酒を楽しめる1Fで優雅なひとときを過ごした日のことをお届けします。

上野で、ゆったりと過ごせる落ち着いたカフェをお探しの方にぜひおすすめしたいです!

 目 次

  • 1 229について
  • 2 229のカフェメニューを堪能
    • 2.1 メニュー
    • 2.2 自家製ツナサンド&マンゴージャスミン
    • 2.3 アップルシナモンフレンチ&ミルクブリュー
  • 3 まとめ

229について

上野の佐竹商店街のはずれに佇んでいる「229」は、蕎麦屋をリノベーションして生まれ変わったお店です。
店名の〝229〟の由来は、4年に1度訪れる2月29日のうるう日で、「人々の日常に編み込まれていくような時間」をテーマとしているそうです。

広告の後にも続きます

外観はこんな感じ。
入口の格子戸は、老舗蕎麦屋の名残が見て取れます。

B1F~2Fまでに分かれており、それぞれのフロアでできる体験が異なるのが特徴です。
B1Fはアートギャラリー、1 Fは写真集や小説を楽しみながら食事を堪能できるカフェ&バー、2Fはヘアサロン・アパレルショップを展開しているそう。

この日は、平日の14時過ぎにカフェメニュー目当てで1Fに立ち寄りました。

店内の雰囲気は〝ザ・無機質〟な落ち着いた空間です。
グレーや黒のシックな色味の家具でまとめられており、統一感があります。

靴をぬいで座るテーブル席、カウンター席それぞれありますが、筆者と友人はテーブル席で寛がせていただきました。
写真集や小説が置いてあり、食事と一緒に読書も楽しむことができます。

B1Fのギャラリーはお休みだったので、またの機会に立ち寄りたいと思います!

229のカフェメニューを堪能

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(グルメ)

ジャンル