top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

猫と「レーザーポインター」で遊ぶ時に気をつけたい4つのこと 使い方によっては危険な場合も?

ねこちゃんホンポ

レーザーポインターで遊ぶ時に気をつけたいこと4つ

愛猫とレーザーポインターで遊ぶときは、次の4つのことに注意しましょう!

1.猫の目や体に直接あてない

レーザーポインターで遊ぶときに最も注意すべきことは、猫の目や体に直接あてないことです。

猫の網膜は人よりもはるかにデリケートで、たとえ弱い光であっても目に入ると網膜が破壊されてしまうリスクがあります。網膜は、破壊されると再生不可能で失明の原因にもなるため注意しましょう。

また体に直接あてるのもNG!レーザーがあたったから皮膚がやけどするというわけではありませんが、猫は網膜と同じように皮膚もデリケート。そのため害がないともいいきれず、直接当てるのは避けるのが無難です。

2.光の強さは最小にする

光の強さを調整できるものであれば、一番弱い光を選択して遊ぶようにしましょう。弱い光であれば万が一の衝撃も最小限に抑えられますので、猫となるべく安全に遊ぶためにも光の強さの設定は忘れずに。

3.猫用レーザーポインターを使う

広告の後にも続きます

人が使うレーザーポインターで遊んでいけないわけではないですが、猫と遊ぶなら猫用のポインターを使うようにしましょう。

猫用ポインターはレーザーのなかでも最も弱い光が採用されており、光自体もLEDであるものがほとんど。そのため猫に無害で安全性が高く、飼い主も気兼ねなく遊べます。

また光のデザインもさまざまで、丸い形だけでなく、ネズミ・肉球・魚など遊び心のある商品も、お手頃価格で購入できます。

4.家具や壁ポインターをあてない

壁や家具そのほか傷つけさせたくない場所に、ポインターをあてるのはやめましょう!

というのも猫はポインターの光を獲物と見立てて、爪を出して捕まえようとすることがあります。そのときに壁や家具を破壊してしまうので、ポインターをあてる場所には注意が必要です。

ちなみに我が家ではそれが原因で壁がボロボロになってしまったので、いまは破壊されても良いカーペットの上やジョイントマットの上で遊ばせています。

レーザーポインターの正しい遊び方は?

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル