top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

マンション9階から謎の転落で…窪塚洋介「鯉のぼり」釈明のフシギ/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

「特別な環境で育ててしまったので、どっかでグレるかなと思っていましたが、それもなかった。俳優になって、ますます真面目になりました」

 2023年5月10日、長男で俳優の窪塚愛流とともに、都内で行われた紳士服メーカーのアンバサダーとして記者会見に出席した窪塚洋介は、こう語って息子の成長に目を細めた。

 愛流は2003年10月、窪塚夫妻の第一子として誕生したが、翌2004年6月、窪塚は高さ26メートルの自宅マンションから転落。奇跡の生還を遂げたこともあって、会見で司会者から「生まれ変わるとしたら?」との質問に「鳥になりたい」と答える愛流。それに対し、

「お前、やめなさい! お父さんのことがあるんだから。なれなかったんだから、止めなさい。飛べないんだから!」

 窪塚が自虐ネタで返し、会場を沸かせる一幕があった。

広告の後にも続きます

「あの事故」が起こった6月6日は、朝から冷たい雨が降りしきる日曜日だった。場所は横須賀市西浦賀町にある、窪塚の自宅マンション。正午の時報後、エントランス付近にドスンという大きな音が響いた。所轄の浦賀署によれば、

「12時10分にマンション住人から110番通報があり、署員が駆け付けると、マンション敷地内の芝生の上で、男性がうめき声をあげなら仰向けで倒れており、9階角部屋に住む窪塚さんであると確認されました」

 窪塚はマンションで親子3人で暮らしており、署員の事情聴取に対して夫人は、

「部屋で話をしていて、テラスへ行ったと思ったら、姿が消えていた」

 遺書はなかったが、所轄署では「突発的な自殺のセンも含め、関係者から話を聞く」とする中、翌7日深夜1時過ぎに、窪塚の事務所がマスコミ各社にFAXを流した。そこにはこんな文面が綴られていたのである。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル