top_line

向井理も!もう一度朝ドラに出て欲しい俳優TOP9

JOOKEY

「五代ロス」という言葉、みなさんは覚えていませんか?
2016年の朝ドラ「あさが来た」でディーン・フジオカさんが演じた五代という役が女性に大人気となりました。しかしその五代が死亡し、もう画面上で見られないことにショックな女性が続出したことから生まれた言葉です。
それほどまでに朝ドラにハマる女性のみなさんには、きっと忘れられない俳優さんがいるのではないでしょうか。
そこで今回は、もう一度朝ドラに出て欲しい俳優について、10代~40代の女性を対象にアンケート調査を行い、結果をもとにランキング化してみました。

■質問内容

もう一度朝ドラに出て欲しい俳優はどれですか。3つ以内でお選びください。

■調査結果

1位:玉木宏/あさが来た 16.0%
1位:松坂桃李/梅ちゃん先生 16.0%
1位:山崎賢人/まれ 16.0%
4位:向井理/ゲゲゲの女房 14.0%
4位:佐藤健/半分、青い。 14.0%
4位:竹内涼真/ひよっこ 14.0%
7位:ディーン・フジオカ/あさが来た 12.0%
7位:坂口健太郎/とと姉ちゃん 12.0%
9位:福士蒼汰/あまちゃん 8.0%
9位:東出昌大/ごちそうさん 8.0%
9位:錦戸亮/てるてる家族 8.0%

●1位 玉木宏さん/あさが来た

1位にランクインしたのは、玉木宏さんでした!

「あさが来た」の放送は2016年。時は大正時代で、波瑠さん演じる主人公の女性が様々な困難を乗り越え、女性起業家として成功していく話でした。

玉木さんは主人公を支える夫役で出演。優しい性格に合わせて和服が好きな役柄だったため、粋な和服姿が「また見たい」と思われた女性も多かったのかもしれません。

●同率1位 松坂桃李/梅ちゃん先生

同じく1位は、松坂桃李さんです。

「梅ちゃん先生」の放送は2012年。東日本大震災の復興プロジェクトの一環として位置づけられていたドラマで、時代は戦中から戦後、堀北真希演じる主人公が医者として様々な問題に直面しながらも成長する姿が描かれていました。

松坂さんは、主人公の幼馴染で、のちに結婚し、妻を優しく支えながら、自分の仕事もこなしていくという役柄でした。

幼馴染と結婚に憧れたことのある女性は、主人公を自分に置き換えてときめいたりしますよね。

●同率1位 山崎賢人/まれ

さらにまた同率1位に、山崎賢人さんが入りました!

「まれ」の放送は2015年。土屋太鳳さん演じる主人公がパティシエを目指し、またパティシエになった後の成長を描いたドラマで、山崎さんは主人公の夫で、輪島塗の職人という役柄でした。

真面目で誠実に主人公に仕事に向かう姿は、多くの女性のハートを射止めたことでしょう。

■女性を支える男性は魅力的!?

なんと、1位には同率で3名がランクインされました!

3人とも、役柄が「女性を支える、優しい」が共通しているようにも見えます。やはり、そういった男性は理想ですね。
他にランクインしている俳優さんを見てみても、佐藤健さんや竹内涼真さんなど、今をときめく人気俳優ばかりです。はじめに記載した「五代ロス」の五代役のディーンフジオカさんもランクインされていますね。

朝ドラは若手の登竜門でもありますが、今は人気俳優もよく見かけます。若手、ベテラン、そして人気。そのバランスが、物語をより魅力的に、そして人気俳優のみなさんが素敵な役柄をこなしていくからこそ、世の中の女性たちを夢中にさせるのかもしれません。

 

 

2018年12月

調査対象:10~40代の女性

TOPICS

ランキング

ジャンル