top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

永野芽郁「月9ドラマ」主演でギャラ1話150万円に “賃上げ”…視聴率惨敗中のフジテレビが “三顧の礼”

SmartFLASH

ロケで高級パン店を2軒はしごした永野芽郁

 

 都心のビジネス街から住宅街へ。10月下旬のこの日、なぜか高級パン店をはしごしていた永野芽郁だが……。

 

「じつは永野さんは、2024年1月期のフジテレビの月9ドラマで主演を務めることが決まっており、その撮影なんです」(番組制作関係者)

広告の後にも続きます

 

 永野を起用したのは、2024年3月に開局65周年を迎えるフジにとって、絶対に負けられない戦いだからだ。

 

 

「9月に終了した月9ドラマ『真夏のシンデレラ』は惨敗し、現在放送中の『ONE DAY』は打ち切り説まで出ています。一方、永野さんは2018年の朝ドラ『半分、青い。』(NHK)で主婦層の、2021年に戸田恵梨香さんとW主演した『ハコヅメ』(日テレ系)でサラリーマン層の支持を得ており、確実に視聴率を見込めるのです」(前出・三杉氏)

 

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル