top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

退院した友達のために、男子生徒が? 粋な行動に「最高」「泣きそうになった」

grape [グレイプ]

「今しかできないこと」がたくさん詰まった青春時代は、過ぎていく時間の一つひとつが、かけがえのないものです。

学校の行事や季節ごとのイベントなどに、事情があって参加できない時は、残念な気持ちでいっぱいになり、大人になっても悔しい思いが消えないかもしれません。

羊の目。(hitsujinome)さんは、交通事故でひと夏を楽しめなかった男子生徒と、友人たちを題材にした創作漫画を描きました。

『おかえり友よ』

暑い夏が終わり、長袖を着て過ごす季節になった、ある日のこと。

主人公・諒一の友人であり、交通事故で入院していた恭介が、元気そうな様子で学校に姿を現しました。

広告の後にも続きます

夏の始めに事故に遭い、『散々な夏』を過ごした恭介。

きっと夏らしいことは何もできず、ただただ治療に専念する毎日を送っていたのでしょう。

そんな恭介の『夏』を少しでも取り戻すため、諒一は夏の風物詩でもある、手持ち花火を隣町まで探しに行ったのです!

季節外れの花火を探すのは、時間がかかったはず。それを「たまたま売っていた」と答えるところには、諒一の優しさを感じますね。

作品には「涙腺崩壊」「素敵な友情」などのコメントが寄せられました。

・友のために夏を取り戻すなんて。最高の夏じゃないですか!

・「たまたま売ってた」っていうのがまた粋ですね。かっこいいなぁ。

・『友達思い』って言葉だけじゃ足りない…。素敵な友情。

・泣きそうになってしまった。優しさが沁みる…。

貴重な青春時代のひと夏を、事故によって棒に振ったことを、恭介は大人になっても覚えているでしょう。

ただ同時に、諒一たちと花火をした記憶も思い出すはず。大人になった恭介が「あの時は嬉しかった」と笑顔で話す姿が、想像できますね。


[文・構成/grape編集部]

出典 hitsujinome
 
   

ランキング

ジャンル