top_line

旧ジャニーズの新会社名が決定!
関連ニュースはここからチェック

投資で利益を出す基本原則は「安い時に買って高い時に売る」。分かってるけど難しいから、おススメなのは…!?【文系女子が幸せになる投資BOOK】

ラブすぽ

ベストなタイミングでの売買は難しい

あなたは、「これを飲むだけで-5kg!」というサプリメントの広告を見たらどう思いますか? すぐに飛びつきたくなりますか? それとも、そんなにおいしい話はないはずと成分を調べたり、口コミを見てみたりするでしょうか? 

もしあなたが、魅力的なキャッチコピーを鵜呑みにしてしまう「おいしい話が大好き」なタイプなら、投資でも注意が必要です。

「おいしい話が大好き」な人は、価格が上がっている と世の中が色めき立つと、「自分もその流れに乗りたい!」と飛びついてしまいがち。価格が上がっている=儲けが出やすい! と思ってしまいがちなのです。

でもこれは、投資で成功するためのテクニックとは真逆のもの。投資で利益を出す基本原則は、「安い時に買って高い時に売る」ということなのです。

ただし、「言うは易く行うは難かたし」で、実際にそのようなベストタイミングで売ったり買ったりするのは簡単ではありません。そこで登場するのが「投信積立」なのです。

投信積立なら
購入タイミングの判断がいらない

広告の後にも続きます

勤め先で財形貯蓄をしたり、個人で銀行の定期預金をしたりと、何かしら積立をしている人も多いのではないでしょうか。手元にお金があるとどうしても使ってしまう人や、貯蓄用口座への預け替え(移管)をつい忘れてしまう人にとっては、毎月自動的に貯蓄されていくシステムは、とても頼れる存在ですよね。

その積立を投資信託で行うのが「投信積立」です。これは財形貯蓄や定期預金と同じ要領で、毎月一定額が引き落とされ、投資信託の買い付けに回される仕組み。投信積立なら、どんなに日々慌ただしくしていても、知らないうちに買い付けてもらえるので、わざわざお金を移すための時間を確保する必要もありません。仕事や家事、お付き合いなどで忙しい現代女性にぴったりの方法と言えるでしょう。

投信積立には、「ドルコスト平均法」が採用されています。このドルコスト平均法のマジックによって、意識しなくてもいつのまにか資産が増えている……ということが期待できるのです。

 

出典:文系女子が幸せになる投資BOOK

結局、一般NISA・つみたてNISAどっちがいいの? チェックリストで自分に合う投資を確認!

今や7人にひとりがNISAの口座を持っているといわれていますが、そもそもNISAとつみたてNISAの違いが分からず、どちらを始めるか悩む方も多いのではないでしょうか。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル