top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

世界観をぶち壊した『ヘンゼルとグレーテル』に反響 「確かに日本だとこうなりそう」

grape [グレイプ]

童話『ヘンゼルとグレーテル』は、貧しい家庭の兄妹が、口減らしのため森に置き去りにされるところから始まるストーリー。

パンのかけらを目印として残したり、魅力的なお菓子の家が登場したり、子供を食べる魔女を攻略したりと、印象的なシーンが盛りだくさんです。

そんな『ヘンゼルとグレーテル』をアレンジしたのは、漫画家の伊達しのぶ(@date_shinobu)さん。

舞台を西洋から日本に移し、兄弟が活躍するストーリーにした結果をご覧ください!

『兄がポンコツのヘンゼルとグレーテル(日本版)』

森をさまよう兄弟がたどり着いたのは、子供心にあまり刺さらない、渋めな『お菓子の家』でした。

広告の後にも続きます

住んでいたのは、人食いの魔女ならぬ、和菓子職人を目指す妖怪。兄弟は妖怪と一緒に腕を磨き、和菓子職人として大成功を収めます!

従来の『ヘンゼルとグレーテル』とは別の方法で幸せになる展開に、反響が上がりました。

・展開が最後まで予想できなかった…!

・わびさびを感じるお菓子の家からの進化がすごい。

・「天狗が人を食べた」って聞かないから、確かに日本だとこうなりそう。

・ツッコミどころが満載だけど、心優しいパパが回収されていてよかった。

・「財宝を発見して持ち帰る」とかじゃないんだ。自力で駆け上がるとか最高やん!

1人では困難でも、みんなで力を合わせればいつか夢に手が届く…そう教えてくれるようなストーリーですね!

伊達さんの単行本が販売中!

伊達さんの描く漫画『オタクばあちゃん』『イケメン夫はゴリラ妻とプリティ娘を愛しすぎてる』が販売中です。

気になった人はチェックしてみてください!


[文・構成/grape編集部]

出典 @date_shinobu
 
   

ランキング

ジャンル