top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

ガムテープを切った後に残る『ハサミのベタベタ』を取る方法 家にあるアレで?

grape [グレイプ]

届いた荷物を開ける時など、ハサミでガムテープやセロハンテープを切ることがあります。

その際、ハサミの刃にベタベタが残ったことはないでしょうか。

そのままにしておくと、切れ味が落ちてしまいますよね。

『ハサミのベタベタ スッキリさせる方法』

生活関連のサービスを予約できるサイト『くらしのマーケット』は、Instagramアカウントで、ハサミの『お手入れ術』を投稿。

刃に付いたベタベタを簡単にきれいに取る方法を伝授しました。投稿の中からいくつか紹介します!

消しゴムでこする

広告の後にも続きます

ベタベタする範囲が小さいなら、消しゴムでこすってみてください。

消しゴムのカスとシールの粘着剤がくっつき、スッキリとはがせますよ。

ウェットティッシュで拭く

アルコール入りのウェットティッシュを使用します。

アルコールがシールの粘着剤を溶かしてベタベタが取れやすくなるそうです。

ハンドクリームか日焼け止めクリームを塗る

ハンドクリームや日焼け止めクリームなど、油分の多いクリームを使います。

ベタベタしている刃に塗って馴染ませた後、ティッシュなどで拭きとりましょう。

実際にやってみた

筆者の家にも、ベタベタが付いて切りにくくなったハサミがあったので、『ハンドクリームを塗る方法』を実際に試してみました!

ハサミにクリームを塗る時は、たっぷりめに塗ることがポイントとのこと。

刃を指で触るので、ケガをしないように注意してくださいね。

ティッシュで刃を拭き取ると、ツヤッとした新品の輝きに!実際に切ってみると、ベタベタが落ちて以前よりも切りやすくなりました。

拭いてもなかなか取れないハサミの汚れが、家にあるもので簡単にスッキリと取れるのは、嬉しいポイント。

投稿には、このほかにもさまざまな『ベタベタを取る方法』が紹介されていました。気になる人はぜひチェックしてみてくださいね!


[文・構成/grape編集部]

出典 curama.jp
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル