top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

白猫ってどんな性格?その特徴や性格、気をつけるべきポイント 生まれつき耳が聞こえない子が多いって本当?

ねこちゃんホンポ

白猫にはどんな特徴があるの?

真っ白な毛色と青や黄色の目が美しい白猫。神秘的なオッドアイの猫も多く、何だか神々しいような、近寄りがたいような雰囲気を持っていますよね。

また白猫の被毛には、ほかの毛色の猫では見られないちょっと不思議な特徴もあります。

ここでは白猫の身体的特徴についてお話ししていきます。

白猫にはオッドアイが多い

白猫は色素が少ないため、青や黄色などの明るい色の目を持つ個体が多く、ブルーの目はほかの毛色の猫と比べても多いと言われています。

また白猫は左右で目の色が異なるオッドアイが多いのも特徴です。猫のオッドアイの率は1%ほどなのに対して、白猫のオッドアイの率は25%ほどと言われています。実に4匹に1匹がオッドアイということなのですから驚きです。

広告の後にも続きます

ちなみにオッドアイの目の色は、片目がブルーでもう一方は黄色、橙色、緑色、茶色が一般的です。

オッドアイの原因は、遺伝性とも後天性とも言われていますが、白猫の場合は「白色遺伝子」が関係していると考えられています。

子猫のときだけ見られる「キトンキャップ」

白猫と言えば、全身真っ白な猫を想像すると思いますが、頭頂部に薄いグレー模様があらわれる猫もいます。この模様は通称「キトンキャップ」または「ゴーストマーキング」と呼ばれているものです。

潜在的に持っているほかの毛色の遺伝子が、期間限定であらわれるもので、ほとんどは1歳前後までに消えてしまいます。

子猫の時期だけの模様ですから、ぜひ写真に残しておきましょう!

白猫の性格は警戒心が強くて神経質

積雪期をのぞくと自然界では真っ白な毛色はとても目立ちます。その分敵に狙われやすくなります。もちろん白猫も例外ではありません。そのために警戒心が強く、神経質な性格になったと言われています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル