top_line

インストール不要ですぐ遊べる!
無料ゲームはここからプレイ

愛猫が心から楽しんでいるときにしか見せない仕草や表情5選 これが見られたら飼い主100点満点?

ねこちゃんホンポ

1.表情の変化が豊かになる

猫は「楽しい」と感じているものを観察して、そのものについての情報を集めようとします。

音をよく聞くために耳を立て、よく見ようとするので目が黒目がちになったり、焦点をあわせるときには細くなったりすることもあります。

また、ヒゲの付け根や口元に力が入るので、猫が笑顔になっているように見える場合もあるでしょう。

2.鼻の色が濃くなる

猫が楽しくなり興奮すると血流が良くなります。そのため、鼻の色が普段よりも濃く見えるようになるのです。

鼻の色がピンク色や薄い茶色の猫だと、鼻の色の変化がわかりやすいです。

3.しっぽの動きが活発になる

広告の後にも続きます

猫はおもちゃなど興味のあるものを見つけたときに、しっぽの先をプルプルと震わせます。ワクワクした気持ちがしっぽにあらわれてしまうのです。しっぽが短い猫もいますが、よく見ると気持ちに合わせて動かしています。

また、しっぽをピンと立てるのは機嫌が良いサインです。楽しい、うれしい、甘えたい、遊んでほしいなどの気持ちがあらわれているのです。

さらに、仲良しの猫同士はしっぽを立てて、並んで歩いたり走ったりすることもあります。飼い主さんの横を楽しそうにしっぽを立てて歩くこともあります。

4.のどを鳴らす

猫がのどをゴロゴロと鳴らすのは、楽しい、うれしい、甘えているときです。

もともとは子猫から母猫へのコミュニケーションで使われていた鳴き声ですが、成猫になっても信頼している相手に対して使われます。

5.甘噛みやキックをしてくる

猫が飼い主さんにじゃれたり、おもちゃで遊んだりしているときに、楽しくて興奮しすぎて攻撃的になってしまうことがあります。飼い主さんの手や足を甘噛みしたり、前足で抱えて後ろ足でキックしたりするのです。これは、猫が本来狩りをする動物であり、遊びは狩りを真似ていることと関係しています。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(どうぶつ)

ジャンル