top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ChatGPTのDALL-E3はパラメーターで欲しい画像に近づけよう

楽しみワークス

DALL-E3は、テキストから画像を生成する能力を持つGPT-4のベータ版機能で、ChatGPT Plusの有料ユーザーが利用できます。この機能を使う際には、いくつかのパラメーターを設定でき、これらは生成される画像のスタイルや特性に影響を与えます。
OpenAIの説明へ

DALL-E3を使う際のパラメーターの種類とは

DALL-E3はOpenAIのGPT-4技術を基盤にした画像生成ツールで、テキストの記述をもとに画像を生成します。このツールは現在、ChatGPT Plusの有料ユーザーに限定して提供されています。DALL-E3を利用する際に重要となるのが、画像生成に影響を与える各種パラメーターの設定です。

写実性:

このパラメーターは、画像が現実の写真にどれだけ近いか、それともアートやイラスト風にするかをコントロールします。数値が高いほど、画像は写真のようにリアルになります。

ダイバーシティ:

画像がテキストの指示にどれだけ忠実になるか、またはどれだけ創造的になるかを調整します。数値が高いほど、画像は創造的になります。

ノイズ:

画像にランダムな要素を加えるかどうかを制御します。ノイズの量は、このパラメーターの数値によって増減します。

広告の後にも続きます

サイズ:

生成する画像のサイズや解像度を指定します。ピクセル単位で設定できます。

フォーマット:

画像のファイル形式を選択します。JPEGやPNGなどが選択できます。

これらのパラメーターは、テキスト入力と一緒にDALL-E3に指定でき、例えば、「写実性0.5の猫」と入力すると、写実性が0.5の猫の画像を生成します。

DALL-E3はまだ完全には開発されていないため、時々テキストに対して不適切な画像を生成することがあります。不適切な画像が生成された場合は、テキストやパラメーターを調整して、別の設定を試してみると良いでしょう。

そして、DALL-E3で生成された画像を利用する際は、倫理的な問題や著作権の問題に注意してください。DALL-E3は便利な画像生成ツールですが、人間の感性や判断を置き換えるものではありません。

DALL-E3を使う際のパラメーターの例

size: 画像の解像度を指定します。以下のオプションがあります。 “1792×1024″(ワイド) “1024×1024″(正方形、デフォルト) “1024×1792″(縦長) prompts: 画像を生成するためのテキストの記述を提供します。これは配列として提供され、最大4つの異なる記述を含むことができます。各記述は具体的で詳細にする必要があります。 seeds: 各プロンプトに対する乱数の種を指定することができます。これにより、同じプロンプトを使用しても異なる結果を再現的に生成することができます。

以下は具体的な使用例です:

{ “size”: “1024×1024”, “prompts”: [ “夕日の下で遊ぶ子供たち”, “山の頂上からの夜景”, “熱帯の浜辺でのんびりと過ごす猫”, “都市の中心部で開催されるフェスティバルの風景” ] }
  • 1
  • 2
 
   

ランキング

ジャンル