top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「うるさい!黙れよ!」前代未聞の大ゲンカが勃発した「そこまで言って委員会」の醜悪

アサ芸プラス

 前代未聞の大ゲンカが波紋を広げている。

 読書の秋にちなんで「読めば読むほどためになる!そこまで読んでブックストア」と題する特集が展開されたのは、2023年10月15日の「そこまで言って委員会NP」(読売テレビ)だ。いま注目されている書籍の著書がスタジオに登場し、委員会メンバーと議論を繰り広げる恒例の企画だ。

 最初に登場したのは、旧統一教会問題でメディアに出ずっぱりのジャーナリスト・鈴木エイト氏。2022年7月の安倍晋三元総理狙撃事件で殺人罪などに問われている山上徹也被告と旧統一教会の問題について、自らの山上被告への取材をもとに論じている「『山上徹也』とは何者だったのか」が議論のテーマとなった。

 ここで作家の竹田恒泰氏が、鈴木氏を批判する。

「関係ないのに一生懸命、関係を作っていって『ジャーナリストの名声を立てていこう』というようなアグレッシブな軌跡を歩んでいるように見えます」

広告の後にも続きます

 その上で、2023年4月の岸田文雄総理襲撃事件を例に出して、

「『彼のような悲しい存在を生まないために』って言ってるのに、第二の山上が現れましたよね」

 と畳みかけ、鈴木氏の言論活動にも疑問を呈したのだった。当然ながら、鈴木氏はこれに「まったく根拠のないこと」と猛反論。さらにまくし立てる竹田氏に「うるさい!黙れよ!」と憤りを爆発させた。

 その後、舌戦はますますエスカレート。

「事件をごっちゃにして議論してるのはあなたの方。あなたのようなおかしな人がいろんな発言してたから」

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル