「Fate」シリーズの原点を楽しんでほしい─劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』須藤友徳監督に聞く三部作への熱い想い

「Fate」シリーズの原点を楽しんでほしい─劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』須藤友徳監督に聞く三部作への熱い想い
劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』 I.presage flowerの公開から、早1年3カ月。本作の第二章となる「II.lost butterfly」が、いよいよ2019 […]

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』 I.presage flowerの公開から、早1年3カ月。本作の第二章となる「II.lost butterfly」が、いよいよ2019年1月12日(土)に公開の日を迎える。今年の大晦日には「I.presage flower」がTV放送&配信されるが、この作品を観たら、続きを観ないという選択肢はないはず。多くの人にとって、2019年1月12日は待ちに待った日となるだろう。

今回は劇場公開に先立って、監督を務めた須藤友徳へのインタビューを実施。本作のヒロインである間桐 桜のキャラクター性に惚れ込み、自らプロデューサーに監督を買って出た須藤監督は、どのような思いを抱きながら制作に臨んでいたのか。監督が語る言葉から、作品に隠されたテーマ性、そして見どころとなるポイントなどを探っていく。

取材・文 / 福西輝明

桜の魅力は“未完成のヒロインであること”が大きい

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』II.lost butterfly より

ーー 原作(ゲームソフト)『Fate/stay night』の3つのルートの中で、間桐 桜がヒロインとして描かれている[Heaven’s Feel](以下[HF])の劇場版を、桜ファンを公言されている須藤さんが監督としてメガホンを取ることになったことについて、その思いを教えてください。

須藤監督 もともと『Fate/stay night』が発売される前に、TYPE-MOON(原作)作品の『月姫』や『歌月十夜』、『MELTY BLOOD』といった作品をプレイしていて、そこで描かれる遠野志貴やアルクェイド・ブリュンスタッドといった魅力的なキャラクター、そして伝奇的な魔術世界に魅力を感じていました。

2004年に『Fate/stay night』が発売された際には、発売日に手にとって、その新しい物語と演出に衝撃を受けました。セイバー、遠坂 凛、間桐 桜をヒロインとして描かれる3つのルートはもちろん、各ルートに用意されたバッドエンドもコンプリートして、時にはバッドエンドの先にある展開を想像することもありました。

その中でも桜というヒロインが一番好きだったので、今作を映画化するという話がufotable内に挙がったときには、まず「僕が監督をしたいです」と社長(近藤 光プロデューサー)に伝えていました。第一章の公開を終えて、ユーザーの皆さまから良い反応を頂けたので、まずはとてもありがたいことだなと感じています。

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』II.lost butterfly より

ーー 全三部作となる[HF]を通して、特に注力して描きたいと思ったことを教えてください。

須藤 大きな軸としては、衛宮士郎と間桐 桜の物語を描くということかと思います。原作『Fate/stay night』にはさまざまな展開があり、魅力的なエピソードが多数ありますが、今作は士郎と桜の物語にフォーカスしています。第一章は二人の出会いから始めることにより、まずは桜という少女を好きになってもらうと共に、「聖杯戦争」によって崩壊する前の日常をしっかりと描こうと思いました。桜がすこしずつ成長していく姿を描写して、ファンの皆さまには桜に愛着を抱いてもらえるようにしたかった。そうすることにより、これから彼女をヒロインとして描かれる物語に、感情移入をしてもらえるのではないかと思ったんです。

ーー 須藤監督にとって「桜の魅力」とは一体何なのでしょうか?

須藤 さまざまな要素がありますが、桜が未完成のヒロインであることが大きいかもしれません。物語を通して、桜がどのような女性に成長していくのか、ユーザーに想像する余白がある。僕は『月姫』の弓塚さつきというヒロインが好きだったのですが、彼女は死徒になったばかりなのに、死徒二十七祖という強力な死徒の一角になる可能性を秘めている設定だったんです。そうした可能性を持つヒロインというのは、とても魅力的だなと思います。

物語は佳境へ。士郎と桜の関係性が変化する第二章

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』 I.presage flower より

ーー 第一章「presage flower」の見どころについてお伺いさせてください。

須藤 士郎と桜の関係性を丁寧に描いたアバンに始まり、セイバー×バーサーカーの躍動的なアクションシーン、空間を生かした戦闘が描かれるセイバー×ライダー戦など、ファンの皆さまに楽しんでいただきたいシーンはさまざまです。

その中でも特に、ということで言うと、士郎と桜が言葉を交わす土蔵のシーンと、ランサーと真アサシンによるサーヴァントチェイスは注目してほしいなと思います。土蔵のシーンはTYPE-MOON作品において大切な要素となる「月」を雲で隠したり、ストーブの灯りを演出的に用いることにより、桜の「もしわたしが悪い人になったら許せませんか?」という言葉が印象的に聞こえる流れにしています。このシーンの演出は恒松(圭)さんが担当してくれていて、本当に良いシーンに仕上げていただいたなと感じています。

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』 I.presage flower より

須藤 サーヴァントチェイスについては、三浦(貴博)さん(テレビアニメ『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』監督)の絵コンテ・演出ですが、英霊、サーヴァントという存在の凄まじさを見事に描いてくれました。

ガントリークレーンの上から始まる追走劇は、新都の高速道路を越えて、柳洞寺に続いていきます。戦闘中にシチュエーションを変えるのは、制作的にはカロリーが高いのですが、それだけに見応えのあるシーンに仕上がっているかなと。ランサーのキャラクター性や、真アサシンの不気味さ、得体の知れない影の恐ろしさなど、さまざまな要素が詰まったシーンになりました。魔術世界において、魔術は秘匿されるものであり、マスターとサーヴァントによる「聖杯戦争」は日常の裏側で人知れず行われる魔術儀式。このサーヴァントチェイスは現実感のある都市を描くことにより、そうした日常と魔術の境界線を描くことが出来たかなと思っています。

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』II.lost butterfly より

ーー 第二章について、須藤監督が力を入れているシーンをお聞かせください。

須藤 第二章は士郎と桜の関係性が変化する章です。そして「聖杯戦争」そのものに変化が訪れ、物語は佳境に進んでいきます。「俺は、桜だけの正義の味方になる」という台詞がありますが、士郎がどういう過程を経て、その言葉を口にすることになるのか。監督として全てのパートに力を入れていますが、その中の1つとして、ユーザーの皆さまには、その言葉に至る物語を楽しんでいただければ幸いです。

ーー 最後にエンタメステーション読者に向けてメッセージをお願いします。

須藤 本作の第一章のテーマは「日常が崩壊する話」でした。士郎と桜が積み重ねてきた日々が、「聖杯戦争」により崩れていく。原作における[Fate](セイバールート)と[Unlimited Blade Works](凛ルート)の物語は、セイバーが召喚された運命の日を起点としてはじまりますが、[HF](桜ルート)はそうではない。2人が出会う1年半前、あるいはもっと過去を起点として、隠された過去を明かす物語として展開していく。第一章を楽しんでいただいた皆さまには、劇場で第二章を観ていただければ幸いですし、まだ第一章を観ていないという方には、まず第一章をご視聴いただけると嬉しいです。

この物語は「Fate」シリーズの原点ということで、他の「Fate」シリーズをご存知の方にとっては、そのルーツを感じる作品になっていると思います。そして「Fate」という作品に触れたことがないという方は、新鮮な気持ちで、この伝奇的な魔術世界を楽しんでいただければと思います。皆さまの期待に応えられるよう、スタッフ一同、映像制作に尽力いたします。

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』II.lost butterfly

2019年1月12日(土)全国ロードショー

【STAFF】
原作:奈須きのこ/TYPE-MOON
キャラクター原案:武内 崇
監督:須藤友徳
キャラクターデザイン:須藤友徳・碇谷 敦・田畑壽之
脚本:桧山 彬(ufotable)
美術監督:衛藤功二
撮影監督:寺尾優一
3D監督:西脇一樹
色彩設計:松岡美佳
編集:神野 学
音楽:梶浦由記
制作プロデューサー:近藤 光
アニメーション制作:ufotable
配給:アニプレックス

【CAST】
衛宮士郎:杉山紀彰
間桐 桜:下屋則子
間桐慎二:神谷浩史
セイバーオルタ:川澄綾子
遠坂 凛:植田佳奈
イリヤスフィール・フォン・アインツベルン:門脇舞以
藤村大河:伊藤美紀
言峰綺礼:中田譲治
間桐臓硯:津嘉山正種
衛宮切嗣:小山力也
ギルガメッシュ:関 智一
ライダー:浅川 悠
アーチャー:諏訪部順一
真アサシン: 稲田 徹

©TYPE-MOON・ufotable・FSNPC

劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』オフィシャルサイト
劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』オフィシャルTwitter

コミック版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』

「Fate」シリーズの原点を楽しんでほしい─劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel]』須藤友徳監督に聞く三部作への熱い想いは、【es】エンタメステーションへ。

更新日:2019年1月7日
提供元:エンタメステーション

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

ページトップへ 
「エンタメウィーク」は一週間をもっと楽しくするエンタメサイト 誰でも今流行りのエンタメ情報を楽しめる記事をご提供します
dmenu
HOME