ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺 が開幕! 阿久津仁愛「いい意味で“テニスじゃない”」
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺 が開幕! 阿久津仁愛「いい意味で“テニスじゃない”」
ついに全国大会準決勝を迎えるミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺 ...

ついに全国大会準決勝を迎えるミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺 が2018年12月20日(木)東京・日本青年館ホールにて開幕した。初日当日には公開ゲネプロが行われ、囲み会見に阿久津仁愛、青木 瞭、増子敦貴、平松來馬が登壇して意気込みを語った。

前回、全国大会準々決勝で因縁のライバル氷帝学園との激闘を制した青学(せいがく)。準決勝の対戦相手は昨年ベスト4・大阪の四天宝寺中学校と決まる。今公演では、青学(せいがく)と大阪からやってきた「勝ったモン勝ち」をスローガンに掲げる四天宝寺による熱戦が描かれる。

会見では、まず越前リョーマ役の阿久津が「今回はいつもの公演より出演者の数が少ないのですが、僕たちが100人ぐらいに見えたらいいなと思うぐらいの熱量でがんばっていきます。そして、今回は笑いありの公演ということで、キャスト・スタッフと、そして応援して下さるファンの皆さまと、みんなで笑って年越しできたらと思います」と挨拶した。


ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺



その笑いの中心となるのが、関西の異色チームでお笑いをモットーにする四天宝寺。キャプテン・白石蔵ノ介役の増子は「手塚さんが笑っちゃうようなぐらいの大爆笑を狙いにいきます!」と宣言。続けて「四天宝寺は日替わりシーンが多くて、毎回変わるおもしろさがあるので毎公演楽しめます」とアピールした。西のスーパールーキー・遠山金太郎役の平松も「氷帝戦とはまた違った雰囲気で、笑いを重要視する四天宝寺と青学(せいがく)の戦いにより、飽きることのない舞台になっています」とコメントした。

オープニングでは、四天宝寺のメンバーがノリノリなメロディに乗せて、愉快なキャラクター紹介を交えながら登場。コミカルなオープニングを終えると、四天宝寺はもう一方の準々決勝であるvs不動峰戦を開始する。ダブルスで忍足謙也(千田京平)・石田 銀(森 一平)のペアが不動峰の神尾アキラ・石田 鉄ペアを瞬く間に撃破。

次のシングルスでは、ゲームの流れを予測する“絶対予告”を使う冷戦沈着な四天宝寺・千歳千里(江本光輝)と眼光鋭く“猛獣のオーラ”を放つ不動峰・橘 桔平(青木空夢)による「九州二翼」と呼ばれた因縁対決が繰り広げられる。お笑いをモットーにしながらも、四天宝寺は圧倒的な実力も持っていることをvs不動峰戦で見せつける。

そして、いよいよ始まる青学(せいがく)vs四天宝寺。シングルス3では、麗しく笑みを浮かべながらも修羅を秘める不二周助(皆木一舞)と聖書(バイブル)とうたわれる完璧に基本を極めるプレイスタイルを持つ白石蔵ノ介(増子)が対峙する。シングルス3の見どころとして、増子は「無駄のないテニスがどれほど素晴らしいのか、僕自身のセクシーさや部長としての在り方と合わせて、ぜひ皆さまに観ていただければと思います」と語り、その華麗なテニスをセクシーなナンバーと共に披露する。

続いてダブルス2は、桃城 武(大久保 樹)・海堂 薫(中島拓人)vs金色小春(森田力斗)・一氏ユウジ(谷津 翼)による対決。四天宝寺のお笑いの真骨頂ともいうべき金色・一氏のペアを、森田と谷津がラブリーなナンバーを通して演じ、会場の笑いを独占する。どちらも不器用な桃城・海堂ペアは、金色・一氏のお笑いテニスに振り回されないように驚きの対抗策に打って出る。笑い満載のダブルスだが、見た目に反した迫真のプレーも盛り込まれており、手に汗握る戦いとなっている。

シングルス2では、普段は温和ながらも熱き闘志を宿す河村 隆(岩田知樹)と見た目もインパクトがバツグンの石田 銀(森 一平)によるパワー対決が展開。両者ともに“波動球”の使い手ながら、“波動球”の生みの親である石田に圧倒される河村。一切笑いなしの真剣勝負の中で、河村のピンチに山吹中学校の亜久津 仁(川上将大)も登場するという熱い展開が待っている。

さらにダブルス1は、手塚国光(青木)・乾 貞治(竹ノ内大輔)と千歳千里(江本光輝)・財前 光(廣野凌大)による戦い。しかし、試合は序盤から“百錬自得の極み”を操る手塚と“才気煥発の極み”を操る千歳によって予想外の様相となる。息つく暇も無い緊迫した戦いによるドラマチックな対決に目が離せない。

ダブルス1が特に注目と明かした青木は「手塚が前回のケガから復帰して、そしてさらなる成長と努力を積んで、“天衣無縫の極み”に近づくという強さをお見せできるかと思います」と自信を見せ「四天宝寺には負けるつもりは1ミリもないので、とにかく青学(せいがく)らしく勝ちにいくつもりです!」と力強く言い切った。


ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺



そして、シングルス1は越前リョーマ(阿久津)と天真爛漫で野生児のような遠山金太郎(平松)によるスーパールーキー対決。阿久津は「3rdシーズンでまた今までとは違った演出があり、いい意味で“テニスじゃない”部分を皆さまにお届けできればと思います」と意気込む。

平松は「3rd 四天宝寺としてやらせいただく最初の公演になりますが、絶対に『やっぱり最初の公演だから青学(せいがく)より動きが悪いんだな』と思われないよう、全力で笑わせて、全力で感動してもらえるようにがんばります。そして、青学(せいがく)に絶対に勝ちます!」と意気込みを披露した。二人の対決は映像効果と度肝を抜く演出によって、“テニスじゃない”という言葉を体現するものとなっているので、ぜひ注目してほしい。

本公演での新曲は11曲。それぞれのキャラクターの魅力を最大限に引き出すバリエーション豊かな歌とダンスがステージを盛り上げる。また、四天宝寺の副部長・小石川健二郎(安東秀大郎)がテニミュに初登場し、2ndシーズンで忍足謙也を演じた碕 理人が四天宝寺テニス部顧問・渡邊オサムとして登場。二人の存在がステージを所狭しと暴れまわる四天宝寺にさらなる笑いをもたらす。

会見の最後には、阿久津が「僕たちは向上心を忘れずに、毎日上り詰めるという気持ちでやっていきますので、その全力を観て、生きる糧にしてくれたらなと思います!」と呼びかけた。

お笑いだけでなく、涙・感動と見どころが凝縮されたステージと言う名のコートで、より高みを目指すキャストたちによる熱き戦いが始まった。

(C)許斐 剛/集英社・NAS・新テニスの王子様プロジェクト
(C)許斐 剛/集英社・テニミュ製作委員会

取材・文・撮影=櫻井宏充

(更新日:2019年1月11日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(マンガ/アニメ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME