top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

巨人・元木大介コーチが自ら辞める理由は「阿部監督に高橋由伸と同じ苦悩を背負わせたくないから」

アサ芸プラス

 巨人の元木大介作戦兼内野守備コーチが、今季限りで退任する。自ら球団に申し入れた形だが、野球解説者の高木豊氏は、自身のYouTubeチャンネル〈高木豊 Takagi Yutaka〉で2023年10月12日、その理由を考察した。いわく、

「俺がいることによってやりにくさが出ると、(阿部)慎之助がかわいそうだな、と。愛だと思う」

 その上で高木氏は、自身を阿部慎之助新監督の立場に置き換えて、こうも言う。

「俺がチームを率いるとしたら、元木に声かけるって。やっぱね、野球脳が違うんだよ。よく観察もしてるし、よく勉強もしてる」

 その一方で、阿部監督には「ダメ出し」だ。10月6日に行われた就任記者会見で阿部監督が、

広告の後にも続きます

「セ・リーグは今年度、『アレ』で盛り上がっています。来年度は『アレ』ではなく『アベ』でいきたいと思います」

 などとジョークを繰り出したのだが、

「いや、このギャグにはついていけない、ちょっとって、そこがあったかもしれない。元木はバラエティー向きで、そこらへんも才覚ある人だからね」

 冒頭で高木氏が指摘した「やりにくさ」については、過去にこんなケースがあった。高橋由伸監督時代の3年間(2016年~2018年)、参謀役は村田真一ヘッドコーチ。指揮官はのちに、目上の村田コーチを扱いづらかった、と振り返っている。

 翻って元木コーチは原辰徳監督に請われ、2019年に内野守備兼打撃コーチに就任した。翌20年にはヘッドコーチに昇格し、巨人2連覇に貢献。スポーツライターが言う。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル