top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

チョコレートの噴水やキラキラした虹のキャンディも 「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」US版予告

映画スクエア

 2023年12月8日より劇場公開される、ティモシー・シャラメが若き日のウィリー・ウォンカを演じる映画「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」の、US版予告が公開された。

 「世界一のチョコレート店を作る」という夢を抱き、チョコレートの町にやってきたウォンカ。“人を幸せにする魔法のチョコ”で人々を笑顔にしていくウォンカだが、その才能は町を牛耳る“チョコレート組合3人組”に目をつけられてしまう。だが、「あなたのチョコは世界一」という仲間の支えと、「私ならやりかえす」とオレンジ色の小さな紳士ウンパルンパの言葉に背中を押され、「すべては夢見ることから始まる。夢を諦めないで」という母の言葉を胸に、魔法のチョコレートでウォンカは世界を変えていく。

 今回解禁された予告では、チョコレートの噴水やキラキラした虹のキャンディ、人も乗れる綿菓子の雲など、ウォンカによって作られた夢にあふれるスイーツのほか、「チャーリーとチョコレート工場」を思わせるチョコレートの川を、レインボーの橋で渡っていくウォンカの姿も見られる。また、満月の夜に小さな足音を立ててウォンカの部屋に忍び込んだウンパルンパを見事に捉えるトラップ、“ワッシャ・ワッシャ自動洗濯機”など、ウォンカの発明家としての才能の一端も収められている。

 「ウォンカとチョコレート工場のはじまり」は、ロアルド・ダールの児童書「チョコレート工場の秘密」をはじめ、映画「夢のチョコレート工場」「チャーリーとチョコレート工場」に登場する、世界一有名なチョコレート工場の工場長ウィリー・ウォンカの若き日を描いた作品。幼い頃から、いつか母と一緒にチョコレート店をつくろうと夢見ていたウォンカは、夢をかなえるために一流のチョコレート職人が集まるチョコレートの町へと向かう。ウォンカの才能をねたんだ“チョコレートカルテル3人組”に邪魔されながらも、仲間とともに“チョコレート工場”を作るまでの軌跡が明かされる。

 ウィリー・ウォンカを演じるのはティモシー・シャラメ。「ハリー・ポッター」シリーズを大ヒットに導いたデイビッド・ヘイマンがプロデューサーを、「パディントン」シリーズのポール・キングが監督・脚本を務めている。

広告の後にも続きます

【作品情報】
ウォンカとチョコレート工場のはじまり
2023年12月8日(金)全国公開
配給:ワーナー・ブラザース映画
© 2023 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

 
   

ランキング(映画)

ジャンル