top_line

【完全無料で遊べるミニゲーム】
サクサク消せる爽快パズル「ガーデンテイルズ」

冷凍食品の「凍結前加熱の有無」って何? 企業の解説に「誤解してた!」「1つ賢くなった」の声

grape [グレイプ]

冷凍食品のパッケージの裏面をよく見ると、原材料名や内容量が書いてある欄に「凍結前加熱の有無」という項目があります。

ここに「加熱してありません」と書いてあるということは、文字通り加熱されていない、生ものを冷凍したものなのでしょうか。その正しい意味を解説します。

「加熱していません」=「生」とは限らない

「凍結前加熱の有無」の正しい意味について、食品メーカーである日清食品が公式サイトで答えています。

それによると、「凍結前加熱の有無」は食品衛生法に基づいた表示とのこと。凍結直前に加熱した製品であれば「凍結前加熱して有ります」となりますが、加熱調理していても凍結直前に別の工程がある製品の場合には「加熱していません」と記載されるのだそう。

つまり「凍結前加熱の有無」とは、凍結「直前」での加熱の有無のみを表しているということです。

広告の後にも続きます

明らかに加熱してあるように思える冷凍食品にも「加熱してありません」という表示があるのは、こういった理由なのです。

「加熱してありません」と表示される3つのパターン

さらに細かく説明すると、「凍結前加熱の有無」に「加熱してありません」と表示される冷凍食品には3つのパターンがあります。

製造過程でまったく加熱をしていない商品

これは分かりやすく、文字通りまったく加熱処理をしていないものです。素材を生のまま凍結している商品などが当てはまります。

加熱後、凍結直前に別の工程がある商品

これは最も誤解を招きやすいパターンです。

製造過程で加熱の工程はありますが、凍結直前に別の工程があるため「加熱してありません」と表示されます。

例えば、加熱後に水冷・トッピング・カットなどをしている商品です。あくまで凍結「直前」には加熱していないという意味で「加熱してありません」という表示になります。

加熱の工程はあるものの、完全加熱ではない商品

最後に、加熱はしているものの、調理上の「完全加熱」ではないパターンがあります。

例えば冷凍野菜などは、調理加熱の8割程度まで加熱をして下処理をしている場合があるのです。加熱の工程はあるものの「完全加熱」ではないため、この場合も「凍結前加熱の有無」には「加熱してありません」と表示されます。

少しややこしいですが、冷凍食品のパッケージに「加熱してありません」という表示があっても心配する必要はないということですね。

食べるときは、表示されている調理方法を守って正しく調理するように気を付けましょう。


[文・構成/grape編集部]

出典 日清食品 公式サイト
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル