top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「ホントにできた」「こんなことで…」 カップ麺の蓋が勝手に浮いてくるのを防ぐ方法

grape [グレイプ]

カップラーメンを食べる時に、蓋が浮いてきてしまって、困ったことはありませんか。カップラーメンの蓋の上に、箸や皿などの重りを置く人も多いのではないでしょうか。

実は、そのようなことをしなくても、道具要らずで簡単に蓋を止めておけるのです!

Instagramにて、日々に役立つ生活のライフハックを投稿しているえみ(home_kagaya_o1)さんが、『道具を使わずにカップラーメンの蓋を止めておく方法』を紹介しています。

えみさんの投稿のほかにも、『蓋止めシールが廃止になった理由』について紹介しています。

道具を使わずにカップラーメンの蓋を3分間止めておく方法

蓋の開け口辺りを少し中に押して、凹ませましょう。

広告の後にも続きます

凹ませたら、開け口の先端を容器のフチに引っ掛けるようにして、折り曲げます。

そうすると、箸や皿などの重りがなくても閉まるようになりました!

この方法は、開け口が2箇所あるカップラーメンでもできます。

1箇所の場合と同じように、2箇所の蓋の開け口辺りを凹ませて、先端を容器のフチにかけるようにして下に折り曲げると…。

蓋が浮いてこなくなりました!

道具が要らない上に、手軽にできるので、ぜひ試してみてください。

このライフハックの投稿に、「私も最近これやってる!」「蓋止めシール、もう一度復活してほしい…」などのコメントが寄せられていました。

『蓋止めシール』が廃止になった理由

日清食品株式会社は、お湯を注いだ後に蓋が湯気で浮かないようにという目的で、1984年からカップヌードルの底面にプラスチック製の『蓋止めシール』を付けていました。

しかし、『カップヌードル DO IT NOW!』という環境に関するプロジェクトの一環で、プラスチック原料の使用量削減のために『 蓋止めシール』の廃止が決定しました。この廃止により、プラスチック原料を年間33t削減できる見込みがあるそうです。

この『 蓋止めシール』の代わりに、2021年6月から、開け口が2箇所の蓋が登場しました。

環境のために廃止となった『 蓋止めシール』。代わりに蓋の開け口が2箇所になったものの、まだ使い方に慣れていない人も多いのではないでしょうか。そんな時は、ぜひこの方法を試してみてくださいね。

※再生ボタンを押すとInstagram上で動画が再生されます。


[文・構成/grape編集部]

出典 home_kagaya_o1
 
   

ランキング(くらし)

ジャンル