top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

開園170周年を迎えた「浅草花やしき」の歴史について!現在までの歩みと新エリア&新アトラクションもご紹介

いろはめぐり

日本最古の遊園地として知られる「浅草花やしき」。

2023年の8月7日に開園から170周年を迎えた今も尚、浅草の地で多くの人に愛され続けています!

花やしきはどのような歴史があって今に至るまで営業を続けているのかきになりませんか?

本記事では、花やしきが開園から現在までどのような歴史を辿ってきたのかに迫ります。

2023年にニューオープンした新エリア&新アトラクションもご紹介。

広告の後にも続きます

花やしきについて詳しく知りたい方は、ぜひ本編をチェックしてみてください!

 目 次

  • 1 浅草花やしきのオープンから現在まで
  • 2 2023年7月に新エリアオープン!アトラクションも登場
  • 3 まとめ

浅草花やしきのオープンから現在まで

浅草花やしき」が開園したのは、江戸時代末期嘉永6年(1853年)です。

もともとは、造園師森田六三郎により、牡丹と菊細工を主とした花園(かえん)として誕生しました。

明治5年頃からは遊戯施設が置かれ、その他にも珍鳥や猛獣の飼育、西洋あやつり大写真や山雀の芸等で大評判となり、かの大正天皇もお忍びで来園されるほど人気を博しました。

花やしきの誕生と同時期に日本で起きていたことは、ペリーが乗った黒船来航です。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(おでかけ)

ジャンル