top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

【上野】見るだけじゃない!参加もできる!上野の森美術館の公募展で入選した話

いろはめぐり

こんにちは、とくらです。

上野公園内にある上野の森美術館では、有名な芸術家の展示だけではなく、多くの公募展も行われています。

今年は、なんと私とくらも上野の森美術館で例年行われている公募展「日本の自然を描く展」に応募してみました。

結果はいかに…!?

また、他にもこれからまだ間に合う、上野で開催される公募展についてご紹介しますので、普段から絵を描かれる方も、既に絵を生業としているという方もぜひチェックしてみてください!

広告の後にも続きます

 目 次

  • 1 第36回日本の自然を描く展
  • 2 明日をひらく絵画 第42回 上野の森美術館大賞展
  • 3 まとめ

第36回日本の自然を描く展

今年の応募数は2,483点、そのうち入選作品は1,845点。

上野の森美術館での展示は、8月2日(水) 〜 8月21日(月)に、4期に分けて開催されました。 また、展示されたのは入選作品のみとなり、入賞作品は仙台、西日本でも展示が行われます。

「日本の自然を描く展」は、美術の啓蒙、普及を目的とした公募展であるため、絵を描くことを職業としているか、趣味で描いているか関係なく「絵を描くことが好きである、楽しい」と思っている人たちが気軽に参加できる公募展となっています。

そのため出品作品のサイズはF10号(45.5×53.0cm)までの小品。 こうした公募展では大きなサイズの指定も多い中、かなり描きやすい大きさですよね。 身近な風景や風物、人物、静物をモチーフにした日本画、油絵、水彩画、版画などの作品を募集し、優秀な作品には賞が贈られます。

【条件】

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(おでかけ)

ジャンル