top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

川上麻衣子「お泊まり&車中キス」の二股密会に「スウェーデン式釈明」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

 さすが性教育の先進国スウェーデン生まれの女性は、恋愛に対する考え方も奔放で…。と当時の芸能マスコミ各社が同様な論調で報じたのが、川上麻衣子に発覚した「二股密会騒動」だった。

 1994年4月中旬、彼女は1992年のバルセロナ五輪・柔道78キロ級で金メダルを獲得し、「柔道界の星」と言われた吉田秀彦と食事後、世田谷区内にある彼女の自宅マンションで一夜を共にし、翌日の正午、2人で仲良く出てきたところを写真誌「FRIDAY」にキャッチされた。

 ところが同誌はその1週間ほど前にも、川上が恋人と噂される松村雄基とレストランで食事した後、ほろ酔い気分も手伝ってか、車内で唇を重ねる場面をバッチリと激写。見開きページに、その一部始終が掲載されたのである。

 5月12日夜、都内で記者会見を開いた川上は、吉田とは元競輪選手の中野浩一氏を介して1年ほど前に知り合ったとした上で、次のように釈明。

「吉田君(4歳下)とは仲のいいお友達。私のマンションに泊まったのは、お酒を飲んだので車で帰れなかったから。3連泊? いや、それは絶対にないですよ」

広告の後にも続きます

 一夜を共にしたことは認めたものの、連泊は否定した。「FRIDAY」の直撃に対し、吉田も、いささか無理のある弁明を展開。

「何度か彼女の家に泊まったことはありますが、別に男女の関係なんかないですよ。僕は腰を痛めていたのでベッドじゃ寝られず、下(床)で寝たんです」

 一方、会見で松村との関係についても聞かれた川上は、

「雄基さんとは2年以上いいお付き合いをしてきたので、恋人以上の友人」

 これまた、なんとも理解不能な説明である。ただし、こうも言った。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル