top_line

【クイズ】明治5年、暮らしに密着した「アレ」が変わって大混乱!何が変わったでしょう?

映画『アイデン&ティティ』公開20周年の12月20日にみうらじゅん、田口トモロヲ、峯田和伸がトークイベント付き上映会

TOKYO HEADLINE

 2003年に公開された映画『アイデン&ティティ』の原作者・みうらじゅん、監督の田口トモロヲ、主演の峯田和伸の3人が久しぶりに集まり、12月20日にトークイベント付きの上映会を渋谷のLOFT 9 SHIBUYAで開催することが10月3日に発表された。

 この12月20日というのは20年前にシネセゾン渋谷などで同作が上映された日。この記念すべき日に改めて3人が当時を振り返る。

 同作は1980年代の高円寺を舞台に、ロック・バンドにかけた若者たちの葛藤や苦悩をリアルに描いた同名コミック『アイデン&ティティ』が原作。原作を読んで感動した田口トモロヲが「なんとか自分の手で映画化したい」とみうらとの飲みの席で約束を交わし、メガホンを取ることに。田口にとっては初監督作品となる。そして田口が主役として出演オファーをかけたのは原作の大ファンという峯田。峯田はこの時、GOING STEADY解散直後でスケジュールが白紙状態という奇跡的なタイミングで、演技初挑戦にもかかわらず主役の中島役を務めたという。

 今回の映画公開20周年にあたり、3人は以下のコメントを寄せた。

 みうら「原作者のみうらじゅんと申します。20周年ねぇー、すっかり老いるショックだけど、元気です。それにまだ、アイデン&ティティの気持ちのまま。キープオン・ロケンロール!が、もはやループオン・ロケンロールになりがちだけど、大切な思い出は何度語ってもグッとくるしね。“やらなきゃなんないことをやるだけさ。だからうまくいくんだよ”、深く悩まずただ、念仏のように唱えてこの先も生きていきたいと思ってます。では!」

広告の後にも続きます

 峯田「中島役をやりました峯田です。20年前、僕はバンドを解散したばかりで、頭がまっしろだったその時、事務所に電話がありました。映画アイデン&ティティ出演への依頼でした。演技の経験もないのに、やろうと決心しました。あれから僕の人生は何から何まで変わったように思います。

 20年前、監督田口トモロヲさんと原作者みうらじゅんさんは今の自分と同い年です。時間は巡っていくんだな、と思います。ロックがご褒美くれた20年です。」

 田口「監督の田口トモロヲです。もう20周年ですか⁉︎みうらさんの原作を読んで自分で撮りたいと思ってから25~6年経つわけですね、感無量です。『アイデン~』と出会った時の感動を自己の出来る形=映画で世の中に伝えられたら…"愛しかない、それが世界を動かしている"に共鳴し、原作を愛する人達と出会い、ささやかな奇蹟を起こしながら完成した作品は、僕の宝物です。××なことも含め、今だから語れること話したいっス!」

 イベントは映画の上映後、トークセッションを開催。トークの部分のみ配信も行われる。イベントの詳細は主催のマッシュHP( https://mash-info.com/ )から。

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル