top_line

【クイズ】かこさとし、せなけいこ、五味太郎…さて、何の作家でしょう?

プールに飛び込んでケガをした女性、手術を拒否して帰国

NewSphere


多くの人にとって休暇は、羽根を伸ばすのが目的ですよね。

【動画】プールに飛び込んでケガするも、手術をしないことを決意

しかし、バリ島のビーチクラブで休暇を過ごしたオーストラリア人の看護師は、不運に見舞われてしまいました。

最悪の場合、半身不随になったかもしれない事故が起きたのです。

プールに飛び込んでケガをした女性、手術は拒否

休暇でバリ島を訪れていた、オーストラリア・メルボルンで看護師として働いている、52歳のリンダさん。

広告の後にも続きます

現地で人気のビーチクラブに行くと、飛び込み台つきプールがあり大勢の客でにぎわっていました。

リンダさんは友人に、「プールの飛び込みで事故の可能性はあるかしら」と尋ねていましたが、この後本当に事故に遭うとは思ってもいなかったことでしょう。

プールの飛び込み台は約5m。

足から勢いよくジャンプしたリンダさんは、着水した際に背中を強く打ち付けてしまいます。

リンダさんは動けなくなり、救急車で病院へ搬送されました。

病院で処置を受けると、鎮静剤やCTスキャン代1,100ドル(約16万円)、救急車の移動料金2,500ドル(約37万円)を要求されたそうです。

  • 1
  • 2