top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

夏木マリ「55歳のフランス婚」で入籍10年後の結婚式は「いいんじゃな~い」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

アサ芸プラス

「ウーバーイーツ」CMでの、ブッ飛んだおばあちゃん役がすっり定着した感のある、夏木マリ。近年は映画「千と千尋の神隠し」の声優としても評価されているが、実は数多くのロックフェスに出演する女性ヴォーカリストとしても、圧倒的な存在感を放ってきた。

 彼女が2006年3月に結成したブルースバンド「GIBIER du MARIE」(ジビエ・ドゥ・マリー)にパーカッション奏者として参加した斉藤ノヴとの結婚を発表したのは、翌2007年のことだ。

 斉藤は吉田拓郎をはじめ、サザンやユーミン、中島みゆきらのアルバム制作やツアーに参加してきた、日本を代表するミュージシャン。交際からわずか2カ月で結婚を決めたという夏木は2007年10月19日、著書「夏木マリのABC」発売を記念したサイン会で、150人の報道陣を前に、満面の笑みで結婚を報告。

「告白はもちろん私からです。付き合いましょうと言いました。結婚は初めてのことなので、とまどっています」

 夏木55歳、斉藤は1歳上の56歳。「当然、再婚でしょ」と思っていた若い芸能記者は多かったようだが、正真正銘、彼女は初婚。筆者の記憶では、20代の頃に一度、某テレビ局の大物ディレクターとの不倫が取り沙汰されたことがあったが、彼女が「男より仕事」を選んで破局。その後は恋多き女として、人生を謳歌してきたようだ。

広告の後にも続きます

 さて、会見で夏木は大いにノロけた。

「私は彼に愛を捧げています。彼は優しいし、だからこそ、私も優しくなれています。ちゃんと言葉にして愛を伝えてくれるし、人を愛するってすごいことだなと。やっと今、人を愛せる自分になったと感じますね」

 ただ、入籍については明言せず、

「フランスの人って、籍を入れないで一緒に暮らしている人が多い。そんな感じかな。今はそういう形でいい。2人で一緒に住んでも何も変わらない。ベッドが一緒になるというだけ。『フランス婚』ということにしてください」

 しかし、この未入籍の裏には、ある事情が。それが同年3月に他界した斉藤の妻、そして子供への気遣いだったのではないか、と話すのは音楽関係者だ。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル