top_line

【クイズ】12月7日は「クリスマスツリーの日」。
日本にクリスマスツリーが登場したのは何時代でしょう?

アリ・ファザール演じるパキスタンの若きエージェント 「カンダハル 突破せよ」本編映像

映画スクエア

 2023年10月20日より劇場公開される、ジェラルド・バトラー主演最新作「カンダハル 突破せよ」から、本編映像の一部が公開された。

 映像では、バイクで砂漠へとやって来たパキスタン軍統合情報局(ISI)のエージェント・カヒルが、電話で会話をするシーン。ターゲットがトラックに乗っていることを告げられたカヒルは、「必ず捕まえます」と答えたあと、「砂漠はうんざりだ」と都市への転属を求める。電話の相手は認めるものの、まずは任務を果たすように強い口調で念を押すのだった。

 バイクを乗り回しトムを追うエージェント・カヒルは、「ヴィクトリア女王 最期の秘密」「ナイル殺人事件」などのアリ・ファザールが演じる。ずる賢く危険ながらも魅力的なカヒルを演じたアリについて、プロデューサーのブレンドン・ボイーアは「アリは、まさにロックスターだよ。それにインドではスターなんだ。本当にかっこよくって、カメラの前でも自然体。完全にカヒル役になりきっていたよ」とその魅力を語っている。

 「カンダハル 突破せよ」は、アメリカ国防情報局の職員としてアフガニスタンに赴任していたミッチェル・ラフォーチュンが、元CIA・NSA局員のエドワード・スノーデンによる2013年の内部告発・情報漏洩事件と、同時期の自身の実体験をベースに書き上げた脚本による作品。

 イラン国内に潜入中のCIA工作員トム・ハリスは、核開発施設の破壊工作に成功した直後、CIAの内部告発により機密情報が漏洩し、全世界に正体が明かされてしまう。即刻ミッションを中止し中東からの脱出を図るトムが目指すのは、アフガニスタン南部のカンダハルにあるCIA基地。30時間後に離陸する英国SAS連隊の飛行機に乗らなければ、生き残るチャンスはない。イランの精鋭集団・コッズ部隊やパキスタン軍統合情報局(ISI)など、トムを捕獲しようとするさまざまな勢力が立ちはだかり、敵味方の入り乱れる死闘と追跡劇が繰り広げられる。

広告の後にも続きます

 主人公のトム・ハリス役を演じるのはジェラルド・バトラー。プロの潜入工作員を骨太に演じつつ、逃避行のなかで人間性をよみがえらせていく人物像をに体現している。そして、トムとともにカンダハルにある基地へ向かうアフガニスタン人通訳・モーを演じるのは、ドラマ「HOMELAND」などに出演するイラン出身のナヴィド・ネガーバン。また、ハリウッドとボリウッドを股にかけて活躍するアリ・ファザールがISIエージェント・カヒル役で出演する。監督は、「エンド・オブ・ステイツ」「グリーンランド ―地球最期の2日間―」でバトラーとタッグを組んだリック・ローマン・ウォー。

【作品情報】
カンダハル 突破せよ
2023年10月20日(金)公開決定
配給:クロックワークス
© COPYRIGHT 2022 COLLEAH PRODUCTIONS LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.

 
   

ランキング(映画)

ジャンル