top_line

【クイズ】12月8日は「御事納め」。
縫い針を豆腐やこんにゃくに刺す行事を何と呼ぶでしょう?

「社名変更」のメリット&デメリットは? 成功例&リスクを経営コンサルタントが解説

オトナンサー


企業が社名を変更するメリット、デメリットは?

【画像で丸わかり!】意外と知らない? 社名変更した有名企業&社名変更の3つの理由を一挙公開!

 企業が社名を変更することがありますが、その際、「社名がシンプルになり、分かりやすい」「以前の社名の方がよかった」「今後の業績に期待できるかも」など、人によってさまざまな感想を持つと思います。

 そもそも、企業はどのようなときに社名を変更するのでしょうか。社名を変更した場合、どのようなメリット、デメリットが生じる可能性があるのでしょうか。経営コンサルタントの大庭真一郎さんに聞きました。

企業イメージ改善などのメリット

Q.企業は、どのようなときに社名を変更することが多いのでしょうか。

広告の後にも続きます

大庭さん「企業が社名変更を行う主な理由として、『企業としての認知度やブランド力を向上させるため』『今後の事業内容に則した社名にするため』『M&A(企業の合併、買収)の実施によるもの』があります。

同一企業について、複数のブランドが世間に浸透しているケースがあります。その場合、国内外の市場に最も浸透しているブランドを社名にすることで、企業としての認知度やブランド力のさらなる向上が期待できます。『松下』『ナショナル』『パナソニック』という三大ブランドを抱えていた松下電器産業が2008年10月1日、パナソニックに社名変更したのが代表的な例です。

企業は、時代とともに事業内容も変化していきます。その際、今後の事業内容に則した社名に変更することで、自社の事業領域の変化を社内外に認識させることができます。代表的な例として、写真フイルムの製造で成長した富士写真フイルムが2006年10月1日、画像に関する幅広い分野に事業進出するにあたり、富士フイルムホールディングスに社名変更したことが挙げられます。

M&Aを行うことで、買収元の企業が傘下に加わった企業の経営監督に専念する目的で持ち株会社となる場合に、社名を『○○ホールディングス』などと変更するケースも多く見られます」

Q.では、企業が社名変更を変更すると、どのようなメリット、デメリットが生じる可能性があるのでしょうか。

大庭さん「社名変更のメリットとして考えられることとして、『企業としての認知度やブランド力の向上』『企業イメージの改善』などがあります。先述のパナソニックのように市場への浸透度が高いブランドを社名にすることで、企業としての認知度やブランド力の向上が期待できます。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル