top_line

「エンタメウィーク」サービス終了のお知らせ

「代わりにインターホンを鳴らして」という配達員 「なんで私が?」と思ったら…

grape [グレイプ]

外出中、見知らぬ人に突然声をかけられた経験は、きっと誰にでもあるはず。

道についての質問であったり、ちょっぴり怪しい何かの勧誘であったり、アンケートのお願いであったりと、話を聞いてみないことには分かりません。

ゆきたこーすけ(@kosukeyukita)さんが描いたのは、そういったシチュエーションのレアケースでした。

突然、配達員から声をかけられた理由

元配達員のゆきたさんは、ブログの読者から寄せられたエピソードを漫画化。ある女性は、外出していたところ配達員から声をかけられたといいます。

困った表情を浮かべる配達員を見て、きっと女性は「新人の方で、まだ土地勘がないのかな?」と思ったことでしょう。

広告の後にも続きます

しかし、配達員の口から飛び出たひと言は、あまりにも想定外のものだったのです…!

配達員が発したのは、「ニワトリが怖いので、配達先のインターホンを押してほしい」というお願い!

自然豊かな地域にある広めの一軒家だと、朝や昼間にニワトリを放鳥することがあります。配達先の家も、ニワトリたちを散歩させていたのでしょう。

「インターホンを押して、荷物を届けなくてはならない。だけど、ニワトリは怖い…」という葛藤の末、配達員は苦肉の策として、通りすがりの女性の力を頼ることにしたようです…!

苦手なものに近付かなくてはならない恐怖は、誰もが想像できるはず。配達員の心中を察した人からは「困っているのは分かるけど、ごめん笑った」「まさかのオチ…!」といった声が上がりました。

この時の配達員がニワトリへの苦手意識を克服し、『試練』をくぐり抜けられるよう祈るばかりです…!


[文・構成/grape編集部]

出典 @kosukeyukita
 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル