top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

田仲陽成、『単身花日』で2度目のドラマ出演 先輩・重岡大毅の中学時代を演じる

Real Sound

陽成くんとは今回が初対面やと思っていたんです。でも、以前、僕らが歌っている時に結構たくさんの子がバックについてくれたことがあるんですけど、その時にいてくれたらしくて、初対面じゃなかったんです。でも、今回会って、“この(初々しい)感じ懐かしい~!”と思いました。こういうのも含めて、きっといろんなことが初めて尽くしだろうし、すごくいい顔していますよね。中学3年生の時は、僕もこんな感じやったなぁと思い出して、なんか懐かしい気持ちになりました。
ドラマ出演も2回目らしいんですけど、共演した同世代の子たちと今後いろんな現場で会うことになると思うんですよ。そういうのもうれしいやろうなぁと思いました……って僕、おじさんみたいですね(笑)。

田仲陽成と同一人物を演じることになった感想

監督から「雰囲気が似ている」と言われたんです。あと、カット掛かってオッケーやった時に無意識に言ってることが同じらしくて、「それ、一緒だよ。陽成くんも言ってたよ」って言われました(笑)。
年齢も半分くらいの陽成くんと、同じ人物を演じることができてうれしいですね。「俺は大人時代を頑張るから、中学時代を頑張ってくれ!」という気持ちです。
現在、頑張って撮影している『単身花日』ですが、舜の初恋のお話がとても大事になってきます。その初恋時代を陽成くんが演じてくれるので、ピュアな感じを見て胸がギュッとなったり、自分の初恋を思い出したりしてもらえるといいなと思います。僕も「このドラマを見てよかったな」って思ってもらえるような新しいドラマを作っていこうと思います!

■田仲陽成 コメント

重岡大毅の印象

広告の後にも続きます

以前、何度か重岡くんたちが歌っているバックについたことがあるんですけど、その時はお話できなかったんです。でも、すごく楽しそうな先輩方だなぁって。テレビで見ている時だけでなく、裏でも皆さんにぎやかで、素晴らしかったんです。本当に理想のグループだなと思いました。
今回改めてお会いしたんですが、重岡くんはユーモアもあるし、最初から僕のところにまで来てくださって、すごく優しかったです。活躍している先輩とお話できているだけでもうれしいんですけど、重岡くんは特に優しくて、本当にありがたいです。

中学時代の舜を演じることになった感想

純粋にめちゃくちゃうれしかったです!  監督さんから、重岡くんと口癖が似ていると言われました(笑)。
そして、僕は『単身花日』が2回目のドラマ出演なんですが、今回は同年代の子たちと一緒に撮影したので、いろんな人とお話できて楽しかったです。

どのように舜を演じていこうと思っているか

原作や台本を読むと、中学時代の恋が大人になっても繋がっていくので、見てくださる方々にわかりやすくすることも大事だと思いますし、中学生の恋愛のピュアな感じを出していけたらいいなと思っています。僕自身、恋愛をしていないからあまりわからないんですけど(笑)、“初恋”が物語の始まりだから、しっかり演じようと思います。見てくださる皆さんにキュンキュンしてもらえるように頑張ります!

(文=リアルサウンド編集部)

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(テレビ)

ジャンル