top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

ターコイズブルーの海に育まれた少女が、成長を遂げていく軌跡を描く、母と娘の絆の物語ーミア・ワシコウスカ主演『ブルーバック あの海を見ていた』日本版予告編&場面写真解禁!

cinefil

©2022 ARENAMEDIA PTY LTD, SCREENWEST (AUSTRALIA) LTD AND SCREEN AUSTRALIA

このたび解禁された日本版予告編は、ミア・ワシコウスカ演じる海洋生物学者のアビーが柔 らかな表情で海を見つめる姿がとらえられ、ターコイズブルーの景色へと広がり、まるで海の中 にいるようなる感覚になる。冒頭では巨大な青い魚が登場し、何度見てもその大きさには驚かされるが、幼いアビーが「ブルーバック」と名づけ、海中で戯れているシーンは美しくとても印象的だ。久しぶりに戻った故郷で少女時代に思いを馳せていくアビー。中盤以降は、リゾート化計画の工事に猛反対し、抗議運動の先頭にたつ母ドラの逞しい姿や密漁者に立ち向かうアビーが描かれ、ブルーバックにも危険が迫っている様子がうかがえる…。果たしてブルーバックはどうなってしまうのか、そして母娘が紡いできたものとは何か――「後悔はしないで」というドラの言葉が心に沁みる。

©2022 ARENAMEDIA PTY LTD, SCREENWEST (AUSTRALIA) LTD AND SCREEN AUSTRALIA

ブルーバックこと、西オーストラリア州に生息しベラ科の一種であるウエスタン・ブルーグローパー。体長は約1.5メートル、体重は約40キロにも達し、約70年は生きられることがわかっており、ダイバーと出会うと子犬のようにとても人なつこく好奇心旺盛なところが人々を魅了すると言われている。また、劇中に登場するブルーバックは、CGではなく映画のためにリアルに作られたもので、自然に動く胸びれや背びれは見事なものだ!

『ブルーバック あの海を見ていた』予告編

広告の後にも続きます

STORY:
若き海洋生物学者のアビー・ジャクソンが、母親ドラが脳卒中で倒れたとの知らせを受け、故郷である西オーストラリアの海辺の町ロングボート・ベイ に帰ってくる。幸いにも症状は軽く退院したドラは、美しい海を一望できる高台の自宅に戻るが、言葉をまったく発しなくなっていた。そんなドラを世話するため、 しばらく実家にとどまることにしたアビーの脳裏には、いつも母と一緒だった少女時代の記憶が蘇る…。

監督・脚本:ロバート・コノリー
原作・脚本協力:「ブルーバック」ティム・ウィントン(小竹由美子 訳/さ・え・ら書房刊)
出演:ミア・ワシコウスカ、ラダ・ミッチェル、イルサ・フォグ、アリエル・ドノヒュー、リズ・アレクサンダー、エリック・バナ
2022 年/オーストラリア/英語/スコープ/カラー/5.1ch /102 分/G
原題:BLUEBACK 日本語字幕:横井和子
後援:オーストラリア大使館
提供:キングレコード
配給:エスパース・サロウ
©2022 ARENAMEDIA PTY LTD, SCREENWEST (AUSTRALIA) LTD AND SCREEN AUSTRALIA

12 月 29 日(金)、YEBISU GARDEN CINEMA、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル