top_line

無料ゲームで脳トレしよう
今すぐ遊んでみるならコチラ

重賞連勝中でも⑬ジャスパークローネは苦しい!? ⑪番枠より外は苦戦傾向【スプリンターズS】競馬初心者講座講師:長谷川雄啓の過去9年データ分析!

ラブすぽ

最も好相性なのが、セントウルS組で〔542〕。連対9頭は3番人気以内で4着までの馬。3着の2頭は5着と7着の馬でした。

安田記念から〔211〕。人気、着順は不問。

高松宮記念から〔010〕。2着馬。

ヴィクトリアマイルから〔010〕。3番人気11着馬。

北九州記念から〔111〕。人気、着順は不問。

広告の後にも続きます

CBC賞から〔100〕。勝ち馬。

キーンランドCから〔013〕。4着以内の馬。

OPの朱鷺Sから〔001〕。1番人気1着馬。

パラダイスSから〔001〕。1番人気5着馬です。

馬券圏内27頭の中で、前走で掲示板をはずしていたのは5頭だけ。このうち4頭は前々走で掲示板を確保していました。

例外は22年勝ったジャンダルムのみです。

 

連対18頭中、17頭に重賞勝ちがあり、残る1頭にも芝1200mの重賞2着がありました(18年2着ラブカンプー)。

その17頭の重賞勝ち馬のうち、芝1200mの重賞勝ち馬は13頭。

3頭は、同年の高松宮記念2着馬(16年2着ミッキーアイル、17年2着レッツゴードンキ、20年優勝グランアレグリア)。

残る1頭は、同年の芝1200mの重賞に2着が2回ありました(21年優勝ピクシーナイト)。

勝ち馬9頭すべてに同年の重賞勝ちがあり、中山芝で2戦以上して勝ちがない馬の優勝はありません。

 

牝馬は〔244〕。

逃げ馬は2着まで。

年齢別で見ると、3歳〔121〕、4歳〔233〕、5歳〔331〕、6歳〔203〕、7歳〔111〕。

まんべんなくのイメージでしょうか。

 

なお、勝ち馬9頭中8頭までが、馬番2~10番の馬。もう1頭は13番枠。

4番人気以下で2ケタ馬番だった馬は、3着に1頭いるだけです。

内枠有利を、少し頭の中に置いておきたいところです。

※〔 〕の中は、1着、2着、3着の回数です。

【初出】
長谷川雄啓ブログ『馬とおしゃべりと音楽と映画』

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル